ななみ 新アートワークはナチュラルな表情
先日、1stアルバム『ななみ』を5月13日に発売することを発表した、“ななみ”の新しいビジュアルが本日公開された。 公開されたジャケット写真は、“思いを語る瞳”をテーマに自身の名前をタイトルにしたアルバム「ななみ」を物語るようなナチュラルで等身大の彼女の表情が印象的だ。 アルバム発売の発表と共に公開された『恋桜』のフルアニメーションMVが、 桜シーズン到来と共に再生回数が急上昇するなどアルバムへの期待が一気に高まっている。 初のアルバムとなる今作は、昨年10月のデビュー以来、一貫して“愛”をテーマに活動してきた、ななみ自身の第一期集大成ともいえる内容の1枚となっている。アルバムでは、暗黒時代の10代を経験し、その中から人々は何よりも“愛”を求めている事を感じ取った彼女のこれまでの人生で経験した様々な“愛”のかたちを飾ることなくリアルに表現。 収録されている楽曲はアートワーク同様、決して上からの目線ではなく、リスナーと同じ目線にたった等身大のメッセージが込められ、聴く者の背中を優しく押してくれることだろう。 様々なタイプの女性ソロシンガーが活躍している現在の音楽シーンの中で、シンガーソングライターの域を超える圧倒的な歌唱力で唯一無二の存在感を示している“ななみ”。アルバムを通して彼女のメッセージが歌声と共に多くのリスナーに届くことを願いたい。