ワンマン完売で「メジャーデビューか解散」決まる!ミライスカートとは?
「メジャーデビュー!!か、解散??か」という話題が先行中、5月6日に京都ミューズホールでワンマンライブを行うミライスカート。 2月に発売した1stシングル『ナモナイオト』が関西を中心にロングセールスを記録中。2月よりスタートした発売記念イベントにも、毎回数多くの人たちが足を運び、嬉しい熱狂の風景を描き続けている。 彼女たちの名前が浸透するごと、興味を抱き、CDを手にしたり、リリースイベントや、ミライスカートが毎月京都メトロで行っている「定期公演」に足を運ぶ人たちが増えている。が、直接イベントを通して彼女たちと触れ合っている人たちの間でも、まだまだ4人のキャラクターは謎に包まれているようだ。 むしろ、謎めいた姿に「もっと知りたい」と強い興味を持って接してゆく人たちも多い。そんな4人の素顔を紹介しようということから、プライベートインタヴューを行った。以下の発言を通し、少しでも4人の素顔が伝われば幸いだ。 ―京都で一番好きな場所は? 奈緒美 京都の錦市場が一番好きです。週に1回休みの日があるんですけど、その休みのタイミングは丁度、錦市場から誰も人がいなくなるんですよ。その時の静かな雰囲気が京都らしいなと思います。錦市場では野菜や海鮮、おせんべいに抹茶まで。毎日いろんなものを売っているから、昨日までの匂いがいろいろ混じり合ってそこに残っているんですね。その暗い中を一人で歩いてると、いろんな匂いが漂ってくるから、前の日はどんなことがあったのかなぁと想像してみたり。そこにいるとすごく落ち着くから、ぜひ錦市場に行って欲しいです。 真理奈 私、京都駅がすごく好きです。京都駅でバイトもしてたし、駅前に住んでたこともありました。京都に観光しに来る人は、みんな京都駅を玄関に足を運ぶじゃないですか。外国の人もたくさん集まるように、日本一グローバルな駅やなーと思って。私がバイトをしていたときも、海外の人たちを接客する機会も多く、英語を話すこともたくさんあって勉強になったし、京都駅の持つグローバルさが私は大好きです。 麗菜 私は河原町が好き。四条のおっきい交差点だったら、大きなビルが中心だけど、一本小道を入るだけで小さくてお洒落なカフェや雑貨屋さんがいろいろあるので、大学の友達とよく行きます。 珠菜 珠菜は嵐山が好きです。家族でよく食べ歩きに行きます。川も綺麗だし、山もすごく近ければ、夜になれば絶景やし。とても大好きな場所です。 ―他のメンバーを動物に例えると何になる?? 珠菜 なっちゃん!は、なまけもの(笑)。それか、うさぎかな?。れいにゃんは、猫。まりちゃんは何だろう?動物じゃない気がする。お花やったら薔薇なんですけど。 奈緒美 じゅななはやっぱり人懐っこくて寂しがり屋で、可愛らしいから犬かな。犬の中でも柴犬辺りの可愛い犬。れいにゃんは、女の子らしいけれど気持ちは強いからうさぎかな。まりちゃんは細い虎みたいな猫。細いシルエットが浮かぶ、気づいたら走っていなくなってるみたいな猫です。 麗菜なっちゃん!はリスかな。顔も小っちっいし、よく動いてるように落ち着きがないから(笑)。まりちゃんは高級なところで飼われてる、フフンッて感じの白いペルシャ猫。じゅななは、ベアー。熊じゃなくてベアーって感じ。テディベアーみたいなんだけど、なんか包み込んでくれる感じがする。 真理奈 れいにゃんは自分でにゃんこって言ってるから、猫の印象が強い。猫の中でもアメリカンショートヘアーって感じ。じゅななは、スコテッシュゴールドかな。なっちゃん!は、野良猫。誰にも縛られてない自由な猫。この3人は準備とかものろのろするんですよ。そこが猫っぽくて可愛いんですよね。 ―ドラえもんが側にいたら、どう使います?? 真理奈 私、「キテレツ大百科」派なんですよぉ。「キテレツ大百科」を愛してるので、ここはノーコメントでお願いします(笑)。 奈緒美 やっぱ「どこでもドア」かなぁ。それを使ってすっと行動したいです。私、何事にものろのろ動くから時間のかかる人で、準備に2時間とかかけちゃうんですよ。移動に2時間かかる場合、4時間前には起きないと駄目なんです。だから、移動の2時間が減って準備の2時間だけだったら、パッと移動出来るじゃないですか。遠くに行かなきゃいけないときは、お家に「ドラえも~ん」って呼ぶと思う。 珠菜「タケコプター」と「透明マント」。「タケコプター」は、私、高いところが苦手なんですけど、鳥と一緒に空を飛んでみたいという夢が叶えられるなと思って。「透明マント」があると人の手助けが出来るから、いっぱいいろんな手助けをして、いろんな人たちを幸せにしたいです。 麗菜「タイムマシン」みたいに机の中に入ったら時空が変わりますよね。あれはすごい魅力的です。「未来が見れるっていいなー」と思ったけど、でも、未来が分かったらきっと楽しくなくなっちゃうから、あんまし道具には頼らないことにしました。 ★児島真理奈パーソナル★―どのエアラインのデザインが好きですか? 真理奈フィンランドの北欧デザインが好きで、その中でも、フィンランド航空のMarimekkoの花柄を飛行機にボンとデザインしている特別塗装機が好きなんです。むしろ、フィンランド航空で働きたかったくらい(笑)。学校がエアラインを目指す子が行く学科なんですけど、そこでずっと勉強をしてきたのが理由です。 ―飛行機のどんなところが好きなの?? 真理奈 飛行機は一番安全な乗り物ですし、飛行機に乗るときって、みんなそれぞれ夢を持って搭乗するじゃないですか。もちろん、仕事で乗る人たちも多いですけど。特別な夢を持って乗る人が多いし、その夢が集まった乗り物だから好きなんです。私、将来「世界を目指してる」んですけど。ミライスカートで大好きな飛行機に乗って世界に進出したいなーと思ってます。 ―飛行機の中でも、「この機種が好き」というのもあるの?? 真理奈 フィンランド航空のMarimekko以外にも、サンタクロースの塗装機とかムーミンの塗装機も好きなんです。どれもデザインが豊富で、機内食のデザインもMarimekkoとかだったりと、とてもお洒落。客室乗務員の制服もお洒落なので、フィンランド航空が一番大好きです。でも、まだ乗ったことがないので、よくtwitterで飛来情報を確認しては関西空港やセントレア空港まで飛行機に観に行きます。 ★相谷麗菜パーソナル★―野球を好きになったきっかけは?? 麗菜 小学生のときに一番仲良かった女の子が少年野球のチームに入っていて。それをきっかけに野球にすごく興味を持ちました。衝撃的だったのが、阪神タイガースの試合をテレビで見たときに、赤星憲広選手と藤本敦士選手がダブルスチールをして、それを見た瞬間。そのときに「野球ってこんなことが起こるんだ」と思って、そのシーンが野球を好きになったきっかけだと思います。 ―チームで好きなのは阪神タイガース?? 麗菜 お父さんやおじいちゃんが阪神ファンなので。 ―やはり巨人は敵ですか?? 麗菜 いや、そんなことはないです。私は、同じ野球が好きどうし、みんなが仲良くしたらいいと思います。 ―これまで見てきた中、一番美しいと思った野球選手は誰?? 麗菜 阪神タイガースに所属しているショートの鳥谷敬選手の、身体を回しながらファーストにボールを投げる守備の姿が格好いいと思います。守備を見るのがすごく好きで。打撃よりもずっと守備を見てしまいます。中でも、643のゲッツーが一番好きです。 ★林奈緒美パーソナル★―なぜ、「川」が好きなの?? 奈緒美 海って水が塩辛いじゃないですか。触ったら塩も身体に付けば、なにより海には人が多いですよね。川は水が綺麗なんですよ。しかも、人が少ないんです。私がお勧めしたいのは夏の川じゃなくて、冬の川。夏はやっぱしカップルとかで行く人たちが多いから、一人で行く私としては、そういう方々は邪魔なんですね。私、「川」は一人で楽しむための場で、二人で楽しみに行く場所じゃないと思います。 麗菜どこの川がいいの?? 奈緒美 私がよく行くのは桂川なんです。京都と言えば鴨川みたいなイメージがあると思うんですけど。鴨川はメジャーだし、大きな川なのでちょっと違うぞと。人が少なくて綺麗という点を合わせ持つ桂川は本当に素晴らしいので、お勧めです。 ―なぜ、ブルースリーなの?? 奈緒美 これ、ほんとにブルース・リー本人とブルース・リーのファンの方々に申し訳ないんですけど、その場のノリなんですよ。私、性格的に適当なところがあって。考えるよりも行動するぞという印象があるらしく、れいにゃんから「考えるよりも行動、Don’t Think Feelね」と言われて。その言葉を聞いたスタッフさんに、「Don’t Think Feelってブルース・リーみたいじゃん」と言われ、「じゃあブルース・リーって言おうかな」と思い、今までずっと言ってきたという。 ―ブルース・リーの作品は見ました?? 奈緒美 一応ちょっとだけ。「Don’t Think Feel」というときに作品を見てないと失礼になるかな?と思い、そこの場面だけ見たんですけど。最近は「ブルース・リーです」しか言わないっていう。なぜなら、深く突っ込まれると困るので(笑)。 ★橋本珠菜パーソナル★―今までに作ったお菓子の中で、一番の自信作は?? 珠菜シフォンケーキです。丸くて大きくて真ん中に穴がある本格的な型を使ってお家で作ってるんですけど。材料もめっちゃ簡単で、早く出来るのに、お店で売ってるようなフワフワなものが出来るからシフォンケーキが一番得意です。 ―いろんなケーキを作ってるの?? 珠菜スポンジケーキやロールケーキとかいろんな種類のケーキを作ってます。 ―ダンスを始めたきっかけは?? 珠菜お家の近くのスポーツセンターにダンスのスクールが出来たとき、お母さんに「ダンス教室出来たから、珠菜ちゃんやってみいひん?」と言われて。そのときはむっちゃ嫌で、無理やり行かされてた感じで、ぜんぜん踊れなかったんです。当時はアップダウンもまったく出来なければ、ランニングマンも変な感じの動きだったのに、小学1年生くらいになってから段々と楽しいなと思えるようになってきて、自分から自主的に毎日何時間も練習するようになりました。今でもずっと続けているくらいダンスは大好きです。 ―身体を鍛えるのにお勧めのトレーニング方法は?? 珠菜 まず走る。あと腹筋や背筋、スクワットとか。ダンスの場合、身体が柔らかい方が上手に踊れるので、ストレッチや内腿を鍛えたりする動きを毎日やっています。 5月6日京都ミューズホールへ向けてのメッセージもいただいたので、最後に記しておこう。「この日は、「メジャーデビューか、解散か」という運命もかかっていますけど。でも、その日のライブを見た人たちが「とても楽しかった、またミライスカートのライブを観たい」と思える「次に繋げるライブ」をやってこそ、本当の意味で成功だと思うんです。それは「定期公演」も同じこと。そういう「次に繋げていけるライブ」にしたいです」(相谷麗菜)(TEXT:長澤智典)