玉城ティナ アニメ「カリメロ」とカワイイコラボ実現
人気ファッション誌「ViVi」(講談社刊)の専属モデルとして大人気のモデル玉城ティナが、人気アニメ「カリメロ」のテーマソングを歌い、同アニメの人気キャラクター達と映像でコラボレーションすることが明らかになった。 玉城ティナは現在17歳で沖縄県出身。14歳でモデルデビューし雑誌やショーを中心に活動、最近はTV CMや映画など各方面に活躍の幅を拡げている現在注目のタレント。自然体なキャラクターに加え、彼女が発信する等身大のツイートが同世代女子の共感を得て、SNSのフォロワー数が急増し、現在instagram約50万人、twitterが約40万人と、10代女子のモデル・タレントの中で突出した支持を得ている。 アニメ「カリメロ」は、イタリア生まれのキャラクターで、長年にわたり世界中放映されている。このたび4月からTV番組改編でアニメ放送時間が毎週土曜9:00に移動するにあたり、番組のオープニングとエンディングソングを玉城ティナが担当することになった。 エンディングソングは、「ぴーよ ぴーよ カリメロ はしっちゃお〜♪」でお馴染みの初代アニメのテーマソング『ぼくはカリメロ』を、現代版にアレンジしキャッチーでPOPな楽曲に仕上げた『ぼくはカリメロ』(tama”piyo”tin aver.)。 透明感のある歌声は、子供から大人まで幅広い世代に人気になること間違いなし。カリメロキャラクターと一緒にコラボした映像が、TXアニメ「カリメロ」のエンディング映像で放映。キャラクターと歌って踊る玉城ティナも必見だ。 『ぼくはカリメロ』(tama”piyo”tin aver.)は、4/21(火)開催のイベント「ViVi Night in Tokyo 2015」で生歌披露される。