アイドリング!!!長野せりな卒業「今日は基本センター、違和感でいっぱい」
アイドリング!!!長野せりなが、3月28日(土)、渋谷公会堂(東京都)で行われた「アイドリング!!!13号長野せりな卒業ライブ ぷにぷに・またね・だいすき」をもって、同グループから卒業した。 自身の卒業ライブ前に会見を開いた長野は「今は全く、卒業するという実感が無いです」と、直前の気持ちを語っていたが、いざ本番が始まると、 「本番5秒前になって急に実感が沸いてきました」と述べた。 ライブがスタートするとスクリーン上に、13歳のアイドリング!!!に加入したての長野の映像が映し出され、会場を埋め尽くした2000人の ファンのボルテージが一気に高まった。その後、ステージにアイドリング!!!のメンバー全員が登場。『百花繚乱アイドリング!!!』からライブがスタートし、自身が所属する2期生 が初めてメインボーカルを努めた23枚目のシングル『ユキウサギ』、そして『Shine On』と続いた。 最初のMCパートでは、当ライブのタイトルロゴや、セットリスト、衣装を長野が考案したという事が明らかになり、セットリストについては、 「1曲目の『百花繚乱アイドリング!!!』は、私達2期生が加入して1番最初に歌った曲だったので、オープニングは絶対この曲にしたかった。 全体の構成は王道のライブにしたかったので、変化球は入れずに定番の曲を入れました。衣装については子供組と大人組と私専用の3パターンがあ りまして、子供組はメイドさんっぽい感じで、大人組はそれを基に少し露出を多めにしました。私専用衣装は子供と大人の2つの要素を含んだ衣装 にしました。出来上がりもデザインに忠実に再現してくれましたので、よかったです。私はアニメが好きなので、アニメの世界から出てきたような 衣装になればと思っていました。あと私は目立つように頭に王冠を付けています。タイトルロゴは、収録の合間にさっと書いたものが、CGで動いていたので驚きました。まさかこんなに大々的に使われるとは思いませんでした。」と述べ、持ちネタ“ぷにぷに”ポーズをメンバーと会場を埋め尽くしたファンと共に決めた。 次のパートは、アイドリング!!!の中でもお気に入りのかわいいアイドル曲で構成され、『キュピ?』『キミがスキ』などを披露、“ぷにぷに” 盛り上がっていきましょうと、『One Up!!!』『シャウト!!!』といったアッパーな楽曲が続いた。 またメンバーから、今回は主役なので基本センターですけど、戸惑ったりしませんでしたか?と聞かれると、「今まで2期生と一緒に端っこばかりにいたので、違和感でいっぱいです。」と笑いを誘った。 そして、『キャラメルラテ飲みに行こー!』『GO EAST!!! GO WEST!!!』『Wing』『サヨナラ純情』『ラブマジック?フィーバー』とユニットブロックで構成されたパートの後、2期生のコーナーが スタート。 『告白』『ドーナツの向こう側』『Smiley Days』の3曲を披露し、『告白』は、2期生の初シングル参加曲で、(想い出の曲なのに) 菊地亜美が自身の卒業ライブでセットリストに入れ忘れた事を指摘した。 そして、ラストとなるブロックでは、冒頭で長野が、「最後のブロックは盛り上がる曲ばかりなので、皆さん一緒に盛り上がって行きましょう!」 と煽ると、会場が一気に熱気を帯び『MAMORE!!!』『S.O.W.センスオブワンダー』『サマーライオン』『やらかいはぁと』と続き本 編を終えた。 アンコールがはじまると、長野が一人でステージに登場。「私がアイドリング!!!に入ったのは7年前で、当時はアイドルになるつもりなんて全 くなかったです。でもこうして、7年間もアイドルを続ける事が出来たのは、本当に奇跡に近かったと思います。7年間で迷ったこともあったし、 辛い事もありました。正直アイドルをやめたいなと思ったことが何度もありました。だけどこうして7年間アイドルをやってこられたのは、メン バーもいて、スタッフもいて、ここにいてくださるファンの方もいて、もう見なくなったファンもいて。当時はこんなにアイドルが注目されるとは 思いませんでしたし、ここ数年間でアイドルというカテゴリが成長したと思います。そんな中の一人でいれたことに、すごく誇りを持ちますし、こ うやって素敵なメンバーに出会えた事も、アイドリング!!!に入ったお陰なんだなと思っています。 (今は)ちょっと切ないものがあります。こうしてアイドルとしてステージに立つことは、今後は無くなると思いますけど、これからも長野せりな は頑張っていきますので、どうか応援して欲しいとは言えないですけど、心から頭の端っこに置いて貰えるとうれしいなと思います。今日は本当にありがとうございました。」と述べた。 その後、メンバー達が登場し、『職業:アイドル。』『さくらサンキュー』の2曲を披露。最後の曲『さよなら・またね・だいすき』の直前には、 番組MCのバカリズムの升野英知とフジテレビアナウンサーの森本さやかがサプライズ登場し、卒業を祝福した。全25曲を歌い終えたあと、メンバーから祝福された長野は、「今日までの7年間本当にありがとうございました。出会えた全ての人たちが私の財産です。本当にありがとうござい ました!」と笑顔で御礼の言葉を残し、7年間在籍したアイドリング!!!を卒業した。 【クリック】・アイドリング!!!ラインナップはこちら