森高千里 伝説の学園祭ライヴを本人と見る
3月28日(土)、TOHOシネマズ六本木ヒルズにて、『「1990年の森高千里」プレミアム先行上映会&森高千里トークショー』が行われた。 今回上映されることとなったライヴ映像は、1990年に16公演行われた学園祭のファイナル公演、宇都宮大学での学園祭ライヴ(1990年11月29日宇都宮市文化会館)で、このライヴ映像を映画館の大画面&大音量で初体験できる、4日間限定先行上映イベントの初日。森高千里本人が参加するという非常にプレミアムな上映会だった。 本人参加の先行プレミアム上映会は、今回が初という中でその貴重な『「1990年の森高千里」プレミアム先行上映会&森高千里トークショー』の第一部の模様をレポート。 一部は、学園祭ライヴ(1990年11月29日宇都宮市文化会館)の上映会から始まった。当時の、一生懸命に歌い、踊り、パフォーマンスをする森高千里の映像に、会場からは、拍手はもちろんのこと、ライヴ映像に合わせて腕を振り上げるような場面も見受けられた。1990年その場にいた観客と、この会場の観客との声が重なり合うような不思議な空間に観客も当時を思い出しながら楽しめたのではなかろうか。上映会が終わると、いよいよ本人出演のトークショー。 会場から割れんばかりの拍手と大歓声の中、上下ゴールドでミニスカートの衣装を身に纏った、1990年当時の煌びやかさを持ち合わせたままの森高千里本人が登場した。 森高は当時の自分を改めて映像で見て、「こんなに必死にやれていたことは、今改めて見て自分でもすごいなと…(笑)。当時はたくさんの人に森高千里を伝えなればならないという一心だったんだと思います。」衣装についても、「バンドブームの中で1人で戦っていかなければという思いがあり、どうやったら目立つか、存在感を放てるかを考えた時にひとつの表現方法として衣装がありました」と語った。ライヴ映像からも伺えるが、ライヴ中の早着替えに関して、「お客さんを楽しませる為にも、いかに早く着替えるか…早着替えに命をかけてました(笑)」と会場の笑いを誘う場面も。学園祭ライヴに関しては、「自分と同じ年代の方が準備してくれていたので、大学に行きたかったなぁと思うこともよくありました。」大学に行っていたとしたら何かやりたいことがあったのですか?という問いに対して、「合コンに行ってみたかったです(笑)」と、当時所謂お年頃だった頃の一面も覗かせ、会場の笑いを誘った。 そんな中、サプライズ・ゲストとして、1990年の「森高ランド・ツアー」から一緒にバンドメンバーとして活動していたベーシストの横山雅史氏が登場し、10数年ぶりに会った森高のことを、「リハーサルやレコーディングの感じが当時と全く変わらないんです。昔から、あまり何回もやり直したりしない人で(笑)」と話し、それに対し、森高が「練習が嫌いで(笑)」と会場を沸かしたりしながら、終始和やかな雰囲気でトークイベントは進行していった。 1990年の森高千里を一言で表すと?という難問に、横山氏は「1990年が森高千里の成長期」と答え、「成長期に立ち会えたことを嬉しく思っています」とコメントし、森高自身は、「ステージの場数を踏んで、自信をつけていった年だったと思います」とその場を締めくくった。 とここで、突然の重大発表が。発売日が延期未定となっていた「1990年の森高千里」が来たる5/27(水)に発売されること、さらには、初回限定BOXの豪華7大特典がその場で発表された。豪華7大特典は、項目ごとにスクリーンに映し出され、本人を交えての発表となった。 初回限定BOXの豪華特典内容は、森高千里 豪華84ページ写真集(秘蔵フォト満載)、「1990年の森高千里」スペシャル・ブックレット(「1990年の森高千里」を振り返る森高千里最新インタビュー&「1990年の森高千里」365日全スケジュール&秘蔵資料類各種&オフ・ショット&直筆歌詞等掲載)、森高千里カレンダー2015[2015年6月~2016年5月]、ハイレゾ音源ダウンロードコード付きポートレート【1990/11/29 宇都宮市文化会館(宇都宮大学の学園祭ライヴ)ノーカット・ライヴ音源】、「1990年の森高千里」パスケース&ネックピース(特製フォト・カード付き)、「1990年の森高千里」オリジナル・ノート、豪華三方背大型BOX&スペシャル・パッケージ仕様だ。 最後に、横山氏からは、「何度も言いますが、『森高ランド・ツアー』~今回発売の『1990年の森高千里』~『古今東西ツアー』を連作だと思って全部続けて見てください!本当に楽しめると思います。」森高本人からは、「私が今までやってきた中での過程ですので、その成長を見つつ、今もこれからもやり続けますので、応援宜しくお願い致します。」という言葉で、この日のイベントは幕を閉じた。 森高千里名曲揃い【クリック】!