ドリカム始球式初登板に吉田美和「練習ではもう少しいいボール」
3月27日(金)、北海道日本ハムファイターズの開幕戦に先立ち行われた始球式で、DREAMS COME TRUEの吉田美和と中村正人がサプライズで札幌ドームのマウンドに登板、2015年シーズンの開幕を華々しく彩った。 地元北海道池田町出身で、始球式を行った吉田美和は「マウンドに上がるまでは頭が真っ白になってましたが、“決戦は金曜日”が流れて少し落ち着くことが出来ました。練習ではもう少し、いいボールが行ったんだけどなぁ。でも最高の思い出が出来ました。」と、興奮気味に人生初となる大役を振り返っていた。 また中村正人は「札幌ドームの大観衆には本当に驚きました。そして、ファイターズファンの大きな力を感じました。12月31日の“史上最強の移動遊園地 DREAMS COME TRUE WONDERLAND 2015”の時には是非日本一になっていて欲しいです。」と、いつものライヴとは違った雰囲気に感動した面持ちだった。 また、今回のサプライズ登場は、これから始まるスペシャルコラボレーションの第一弾として企画されたものであり、「ドリカム×ファイターズ」は、音楽とスポーツという2つのエンターテインメントのコラボレーションを通じて、北海道民の皆様に夢や感動を共有していただき、双方が「北海道を元気に!」というコンセプトに共鳴したことからスタートするもの。 DREAMS COME TRUEの活動としては、先日7月7日(火)にドリカムとしては初のコンプリートベストアルバム『DREAMS COME TRUE THE BEST!私のドリカム』の発売、そして4年に1度のグレイテストヒッツライヴ「史上最強の移動遊園地 DREAMS COME TRUE WONDERLAND 2015」の最終公演として、札幌ドームでの年越し公演が発表されたばかり。 北海道日本ハムファイターズは北海道地区のスペシャルパートナーとしてこの「史上最強の移動遊園地 DREAMS COME TRUE WONDERLAND 2015 北海道」の札幌ドーム年越し公演を応援していくとのこと。「ドリカム×ファイターズ」のスペシャルコラボレーション第二弾の企画は、5月上旬に発表される予定。 コンプリートベストアルバム発売、グレイテストヒッツライヴ開催に続くこのビッグコラボレーション、2015年の音楽シーンはドリカムイヤーになることは間違い無しだ。 ドリカムはドワンゴジェイピーで!