サクラ開花! 春にぴったりな「さくらソング」を発表
旬のアーティスト情報を取り扱う音楽情報誌「CD&DLでーた」は、春の訪れとともに開花する桜のシーズンにあわせて、10~30代の男女を対象とした、「さくらソング」のランキングを発表した。 「さくら(桜)と聞いて思い浮かべる、思い出の「さくらソング」は? 総合ランキングTOP20 設問:「さくら(桜)」と聞いて思い浮かべる、あなたの思い出の「さくらソング」を1曲教えてください。(調査期間 : 2015年3月2日~3月3日)有効回答者数 n=2079人 順位:曲名/アーティスト名1位:さくら/森山直太朗2位:さくら/ケツメイシ3位:桜坂/福山雅治4位:桜/コブクロ5位:SAKURA/いきものがかり6位:サクラ咲ケ/嵐7位:Sakura/嵐8位:SAKURAドロップス/宇多田ヒカル9位:さくらガール/NEWS10位:桜ノ雨/absorb feat.初音ミク11位:桜/Janne Da Arc12位:桜/河口恭吾13位:千本桜/黒うさP feat.初音ミク14位:桜の時/aiko15位:Sakura/レミオロメン16位:桜の花びらたち/AKB4817位:CHE.R.RY/YUI18位:サクラサクミライコイユメ/yozuca*19位:花唄/TOKIO20位:桜流し/宇多田ヒカル 桜が開花するシーズンに合わせ、「CD&DLでーた」では、今年も「さくらソング」ランキングの結果を発表する。今回はちょっと趣向を変えて、ポピュラー・ミュージックを対象に、10~30代の男女に焦点を当てて集計してみた。 総合ランキング上位には、定番の「さくらソング」が並ぶ結果となりました。1位は昨年に続き『さくら』(森山直太朗)。2位は『さくら』(ケツメイシ/昨年4位)、3位には『桜坂』(福山雅治/昨年2位)がランクイン。“春を感じさせる”、“卒業式で歌った”など、上位3曲ともに、男女問わず、多くの人たちの支持を集めた。 今回は、昨年の調査ではランクインしていなかった楽曲にも注目してみよう。 7位の『Sakura』(嵐)は、2月25日にリリースされたばかりの新曲です。“歌も踊りもサイコーにカッコイイ”(10代・女性)、“今観ているドラマの主題歌”(10代・女性)、“最近発売されてよく聴いている”(20代・女性)など、人気グループの最新作ということで、票が集まるのも納得。 10~20代を中心に、非常に女性人気の高い楽曲となっている。 女性人気というところでは、ほかにも9位の『さくらガール』(NEWS)、11位の『桜』(Janne Da Arc)、19位の『花唄』(TOKIO)にも、女性票が多く集まった。 この3曲はいずれも最新の楽曲ではないが、“この曲を聴くと、さくらと学校の風景を思い出す”(10代・女性/NEWS『さくらガール』)、“本当に大好きなアーティスト。この曲の中に出てくる桜は少し切ないながらも優しい曲です” (20代・女性/Janne Da Arc『桜』)、“桜が咲く時期、TOKIOの武道館ライブに行ったことを思い出す”(30代・女性/TOKIO『花唄』)といったコメントが寄せられた。アーティスト人気が高いということもありますが、それぞれの思い出とともに、大切に聴かれ続けてきた楽曲であることが伺える。 一方、男性票が集まったのは、18位『サクラサクミライコイユメ』(yozuca*)と、20位『桜流し』(宇多田ヒカル)。『サクラサクミライコイユメ』(yozuca*)については、“好きなアニメの主題歌だから”(20代・男性)、“アニソンを好きになったきっかけの歌。初めて聴いた時衝撃を受けた”(20代・男性)などの声が寄せられました。また、『桜流し』(宇多田ヒカル)については、“あまり春や桜とは関係ないが、好きな作品の主題歌になっていたから”(10代・男性)、“(「人間活動」として音楽活動休止中だったので)いきなりの発表でインパクトがあった”(10代・男性)といったコメントが挙げられた。どちらの楽曲も、桜にまつわる思い出というよりは、楽曲の良さや聴いたきっかけがフックとなっているところが面白い。今回の「さくらソング」ランキングはいかがだったろうか。今年リリースされる最新の「さくらソング」としては、『桜の季節』(EXILE ATSUSHI/2月4日リリース)、『桜ひとひら』(MISIA/2月18日リリース)、『サクラミチ』(東方神起/2月25日リリース)など。これらの曲が来年のアンケートに入ってくるのか楽しみでだ。-CD&DLでーた編集部-