つるの剛士 40歳を迎えカバーアルバム第3弾を発表
5月26日で40歳を迎えるつるの剛士が、約3年ぶりとなるカバーアルバム『つるのうた3』を、誕生日翌日の5月27日(水)にリリースする ことが決定した。 40歳を迎えるということで、普段テレビなどでは見せないかっこいいオヤジの雰囲気がプンプン香るアートワークが完成。 岩田圭市(7STARS DESIGN・原宿を中心にしたストリートカルチャーを代表するアートディレクターの一人) 、馬場圭介(日本のファッション界を支える大御所スタイリストの一人)がタッグを組んだアートワークは、いつもは見られないつるのの表情に要注目だ。 『つるのうた3』は、シリーズ累計出荷数40万枚超の人気カバーアルバム『つるのうた』シリーズ最新作で、これまでに人気TVバラエティ番組で歌唱した楽曲を中心に選曲。 そしてテレビ朝日系「musicるTV」内のコーナー“ミリオン連発音楽作家塾”企画で制作した『もう少し』(作詞・作曲/玉城千春)のカバーを収録、3月24日(火)よりいち早く先行配信される。また、このカバーアルバムのリリースを記念したフリーミニライブを関東、関西で実施決定。 そして、40歳を迎える5月26日(火)には、赤坂BLITZにて「つるの40~人生折返し、できるか!?40曲~」と題したワンマンライブ を行う。40歳を迎える”大人の色気漂う”つるの剛士を要チェックだ。