ピアノ王 ジェイコブ・コーラー真の王者に
3/21(土)放送のテレビ朝日系バラエティ番組「関ジャニの仕分け∞」の「ピアノ王No.1決定戦」。 前回王者のジャズ・ピアニスト、ジェイコブ・コーラーが、今回の放送で勝ち抜いたピアノ王と、ピアノ王同士の対決というスペシャルマッチが行われ、王者同士の緊迫した一騎打ちとなったが、見事、ジェイコブが勝利した。 「関ジャニの仕分け∞」ピアノ王No.1決定戦とは、この企画のために改良されたピアノレッスン用ソフトを使い、指定された通り正確に演奏しミスの少なさを競う新競技。前回王者として出場したジェイコブは、今回勝ち上がってきた出場者を相手に、僅差ながらも王者の貫禄を見せ、見事、スペシャルマッチを制した。 決勝で演奏した曲はショパンの名曲『ノクターン第2番 変ホ長調 作品9の2』。スローナンバーゆえの難易度の高い曲でもあるが、ジェイコブの持ち前の繊細なタッチとテクニックでお茶の間を魅了した。そして同曲は2010年にリリースしたアルバム『ショパンに恋して』にも収録されており、このCDではジャジーで美しいアレンジや演奏をじっくり堪能できる。 なおジェイコブは3月に関東で2ヶ所、そのほか名古屋・浜松でもライブが決まっている。その華麗な演奏は必見だ。