クリープハイプ ホールツアー初日で新曲をいち早く披露
先日、5月9日公開映画「脳内ポイズンベリー」の主題歌に起用された新曲『愛の点滅』のリリースを発表したクリープハイプ。 本日、市川市文化会館にて全国ホールツアー「一つじゃつまらないから、せめて二つくらいやろう 後編」の初日を迎えた。全国のライブハウスを巡った前編とは異なり、アルバム曲を中心に組まれつつも、ライブハウスツアーのセットリストを大幅に変更した今回のツアー。 初日は過去の楽曲に加えて、リリースが決定している新曲『愛の点滅』をいち早くファンの前で披露。「歌詞をとにかく大切にしたい」というメンバーの思いから、今回Instagram公式アカウントにて歌詞を日替わりで明かしていた同楽曲を、会場を埋め尽くしたファンは噛みしめるように耳を傾けた。 また、ライブの終盤には日比谷野外音楽堂での追加公演を発表。クリープハイプにとっては、初の野音単独公演となる。こちらもチケット争奪戦となることは必至。クリープハイプオフィシャルモバイルでは、一般発売に先駆けて、チケットの先行発売を21日22時~24日23時まで行うとのこと。チケットの一般発売日は、4月18日(土)。詳しくはオフィシャルサイトまで。 なお、新曲『愛の点滅』の発売日は、流通の都合上、5月6日より5月5日に発売日が変更となった。 ・クリープハイプ名曲揃い!クリックで確認