人気読者モデルゆらがトークショーを開催 「好奇心を大事に」とエール
3月15日(日)バンタンデザイン研究所で開催されたトークショー&ファッション・ヘアメイクイベントに、雑誌「KERA」「Zipper」を中心に活躍中の人気読者モデル「ゆら」が出席。 赤いチェックのワンピースを着たゆらが登場。高校生や地方からの遠征など、多数のファンが詰めかけた会場を見渡し、「普段トークショーに参加することがない」と緊張の意を伝えた。 トークショーでは、美容に関する質問を始め、この日のために考えてきたという「ゆらちゃん美容 7つ道具」を紹介。「ヘアジェルとオイルを混ぜて使う」というこだわりの逸品から、「ニベアのワセリン」と親しみのある商品までを広く紹介。その都度メモを取る熱心なファンの姿も多数見かけられた。 また、「スタイルを維持する方法は?」との質問に、「実は食いしん坊なんです」と最近ハマっているというグリーンカレー、大好きな明太子について語っていた。 事前に選ばれたファンに、プロのヘアメイクが「ゆらちゃんメイク」を施すというスペシャルコーナーでは、実際にゆらが使用しているメイク道具を使ってメイクが行われた。メイクが完成するまでの間、ファンからの質問を受け付けるなど和気藹々と交流する場面も。 そして、実際に雑誌が出来るまでの流れの紹介から、ゆらをモデルにフォトシューディングが行われた。 バンタン卒業生であり現役で活躍中のヘアメイク新井緑、スタイリスト石塚望都がコーディネイト、塩谷哲平が撮影を担当。 会場後方に特設された撮影ブースで実際の撮影がどのように行われているのかを公開。今回は雑誌「KERA」の撮影を想定し、テーマは「パンク」。 黒いライダースジャケットを着用し、ブースに登場したゆらはカメラが向けられると表情が一変。凛々しい瞳でファインダーを射抜いた。その後の撮影の振り返りでは、「普段は気が抜けているが撮影になるとシュッとなる」と現役モデルとしての風格を見せた。撮影の感想を尋ねられると、「BGMが運動会みたいで面白かった」とにこやかにコメント。 今回のイベントのテーマは「好きをシゴトに」。訪れたファンに高校生が多かったため、「高校生の頃の夢は?」との質問。 これに対して、「昔から変わらず宇宙に行きたい」と発言。会場が呆気に取られていると、「宇宙飛行士になりたい」と本当にJAXAのテストを受けに行った際のエピソードを公開し驚かせた。最後は参加者に「好奇心を大事に」とのメッセージ。「やらないよりはチャレンジしよう」とエールを送った。(TEXT/河内香奈子) 興味があるあなたは【バンタンデザイン研究所】