「終わりのセラフ」先行上映会 主人公役入野自由からメッセージも
集英社の月刊漫画雑誌「ジャンプSQ.(スクエア)」にて好評連載中、シリーズ累計200万部突破の大ヒット作「終わりのセラフ」が待望のアニメ化!! 4月4日(土)22:00よりTOKYO MXほかにて放送がスタートする。 その放送に先駆けて、先行上映会“百夜上映会”が映画館・丸の内ピカデリー1にて行われた。チケットは、主人公の百夜優一郎と百夜ミカエラがかつて過ごした“百夜孤児院”にちなんで、特別価格108(百夜)円! 放送を心待ちにした多くの「終わりのセラフ」ファンが集結した。 上映会ではまず、1~2話の本編を上映。アニメーション制作がWIT STUDIO(「進撃の巨人」)ということで、迫力のアクションと衝撃の展開の数々に、終始圧倒された。さらに、映像は制作中で付いていなかったものの、SawanoHiroyuki[nZk]:YoshによるEDテーマ『scaPEGoat』を特別に披露、アニメ上映後には百夜優一郎役の入野自由からの動画メッセージも流れ、ファンを喜ばせた。 続いて、原作者の鏡貴也先生が登壇。アニメ2クール分(第1クールが4月~、第2クールが10月~)の原稿を先行執筆したことが先生から発表された。 「一昨年くらいからずーっとやらされて、何度も何度も書き直して、いじめられて(笑)。でも頑張って、すごくいいものが書けました」と笑顔で語ると、シリーズ構成の瀬古浩司さん(「進撃の巨人」「残響のテロル」)が全話脚本を担当することも発表。アニメ設定が原作に反映されていたり、良い関係性の中でアニメが制作されていることをアピールした。 なお、この日発表された情報は【セラフ安心宣言】として、オフィシャルサイトにも掲載されているので、しっかりと確認してほしい。