倉木麻衣 山陽新幹線40周年イベントで「関西注目してくれると嬉しい」
山陽新幹線全線開業40周年を記念して2月上旬からスタートした「関西ブランディングプロモーション」。 プロモーションの一環として3月15日(日)JR博多駅で開催された「新幹線感謝祭」に、キャンペーンのテーマソングを歌う倉木麻衣が登場。旅の思い出やテーマソング『Serendipity』の制作秘話など、キャンペーンのコンセプトである“セレンディピティ”について、自身の体験を交えながら語った。 博多駅前賑わい交流空間仮設ステージにて行われたトークイベントへは、倉木さんを一目見ようと県内外から集まったファンが殺到。早い時間から長蛇の列ができた。 イベントが始まりMCの呼び込みで倉木さんが姿を見せると、詰めかけたファンや、博多駅を訪れていた方々からの大きな歓声があがった。その光景を見た倉木は、「ライブコンサートみたい」と驚きながらも笑顔を見せた。 登場して早々「倉木さんの中での”セレンディピティ”という言葉のイメージは?」とMCから尋ねられると、「今回初めて知った言葉ですが、本当に出会えてよかったと思います。まるで魔法の呪文みたいな響きで、聞くだけで気持ちが楽しくなるキーワード。“素敵な偶然”っていう意味が込められているので、今日ここで出会えた皆さんにも、”セレンディピティ”を感じています。」と話し、会場に集まったファンに呼び掛け「セレディピティ」と大合唱した。 また山陽新幹線開業40周年を迎え、京都の大学に通っていた倉木は「音楽活動を始めた土地でもあり、わたしにとってはすごく大切な場所なので、40周年の盛り上がりをきっかけにして、九州の方々に関西を注目していただけると嬉しいです。やわらかい言葉も大好きだし、京都ならではのお寺巡りや、おいしい京料理もおすすめです。日本の伝統がたくさん詰まった素敵な街なので、いろんな”セレンディピティ”に出会えるはず。ぜひ足を運んでいただきたいです。」とアピールした。 その後、自身がイメージソングを歌う、現在放送中のJR西日本”関西ブランディングプロモーション”のCMが流れ、「素敵ですね」と思わず一言。30分にわたるトークショーは終始笑顔で、様々な問いに応えた。