さんみゅ~防災アイドル就任中「消防博物館」で敬礼
3月15日(日)、 ニッポン放送「ラジオで安心 み んなの防災2014」キャンペーン の防災アイドルに就任中の”純白アイドル”さんみゅ~。 消防の遺産を保存、継承し、防火防災思想の普及啓発を図ることを目的として、平成4年12月3日に開館した、日本唯一の消防 専門博物館「消防博物館」(東京都 新宿区)のリニューアルを記念したイベントに出演し、所属事務所サンミュージックの大先輩である早見優が1983年にリリースした大ヒット曲『夏色のナンシー』をフレッシュに リニューアルした替え歌の防災ソング『ソナえあればウレいナンシー』を歌唱した。 ライブコーナーで「明るく!元気に!爽やかに!私たち”防災アイドル”、 さんみゅ~です。」と敬礼をすると、博物館の入り口を埋め尽くした200人の観客から大きな拍手が起こった。 トークコーナーでは「曲も歌詞も、この曲はまさに消防博物館の為にある曲ですね」、消防博物館長の冒頭の挨拶からはじまり、リーダーの西園み すずが「この曲は普段から防災の意識が高まるような歌詞になっていますので、覚えてほしいです」とアピール。 そして、4年前の東日本大震災に何をしていましたかと聞かれると、木下綾菜は「4年前は中学生で、5時間目の授業中だったのです が、地震に驚いて泣き出すクラスメートもいました。」と述べ、長谷川怜華は「新潟にいたのですが、新潟はもともと地震が多くて、備え ている方が多かったので、冷静に対応して避難する事が出来ました。」と日頃の防災に対する備えの大切さを述べた。また、この日は3月18日に 発売する新曲『はじまりのメロディ』も披露した。 ☆さんみゅ~聞く!