交際順調宣言の南明奈がエレクトリックラン挑戦
今年で3回目を迎える「エレクトリックラン2015」が、幕張海浜公園で開催された。今回はゲストランナーとして南明奈が参加して、大会を盛り上げてくれた。 エレクトリックランとは、2014年にカラーパウダーや泡に塗れて走る競技としてスタート。今回は夜間開催ということもあり、体に蛍光塗料を塗ったり、光るモノを身に着けて派手に彩られた格好で、約5kmのコースを走ったり、歩いたり、ダンスをしたりと、各自自由に楽しみながらゴールを目指すレースとなった。 レース前には南のトークイベントが行われたのだが、まずレースのポイントについて話してくれた。「走る場所によってキレイな装飾とかがあるので楽しみです」と話した。レース直前ということで意気込みについても聞いてみると「普段はレーシングカートとかをやっていて、人とガチでタイムで争っていることが多いんですよ。今回はタイムを競うのではないので、とにかく楽しく走りたいと思います」と意気込んだ。 トークショー終了後にレースが始まるのだが、スタート地点では、南は多くの参加ランナーに混じりスマホで記念撮影を撮ったり、参加者とコミュニケーションを取って、スタート前から楽しい様子が伝わってきた。楽しい雰囲気の中で、南によるカウントダウンが行われ、レースはスタートとなった。 レースが終わると清々しい顔で南は戻ってくれて、走った感想を聞かせてくれた。「すごく楽しかったです。参加している人のテンションもすごいし、走っている人の衣装とかメイクも可愛くて、本当に楽しかったです。また機会があれば参加したいので、その時はもっと可愛いコスチュームっぽい格好で参加したいです」と振り返った。 前の日がホワイトデーだったこともあり恋人のよゐこ濱口優からプレゼントを貰ったのかと聞かれたが、南は「ホワイトデーのプレゼントはもらいましたけど、何を貰ったかは秘密です。でも私がずっと食べたいものをもらいましたので嬉しかったです」と話してくれた。今回のレースに参加したことで、今度は濱口と一緒に走るのはどうかと聞かれると「40代の彼は運動不足みたいで、一緒に運動はしたいですね」と呼びかけた。最後に2人の恋のゴールについて聞かれると「そこに向かって走ってはいますけど、私が近い未来に結婚を考えていないので、そんなに結婚については話していないです」と話してくれた。結婚はまだ先のようだが、交際は順調とアピールしてくれた。