モーニング娘。’15ツアー初日終了 新リーダー譜久村緊張ほぐれて涙
昨年11月にリーダー道重さゆみが卒業し、譜久村聖が9代目リーダーとなった13人体制の新生モーニング娘。が、3月14日より全国ツアーをスタートさせた。 シルバーの衣装に身をまとったメンバーが次々にステージに現れ、オープニングは4月15日に発売するトリプルA面シングル『青春小僧が泣いている』で幕が開けた。曲中に入る独特なブレイクが印象的なクールな楽曲で、彼女たちが得意とするフォーメンションダンスを披露。12期の加入でメンバーが増員し、織り成すダンスも完全に迫力を増している。この中に新人が4人いるとは思えない一体感で、のっけからパワーを見せつけてきた。 オープニング映像後、色とりどり13色のイメージカラー衣装にチェンジしたメンバーが再び登場し、4月発売のトリプルA面ニューシングルから『夕暮れは雨上がり』も初披露。出会いと別れの多いこの時期の春の門出にはぴったりの応援ソングだ。 さらに、今回のツアーの為に作られた新Ver.の『女子かしまし物語』も初披露された。同楽曲は、メンバーの個性や特徴を歌詞に反映した、いわばメンバー紹介楽曲として2004年にシングルが発売。それ以降、メンバーの加入や変動などにともない毎回歌詞が変わり、長きに渡り継承されてきているモーニング娘。の伝統楽曲。CD化されたヴァージョンもいつくか存在するが、8期メンバー加入以降はコンサートでしか聴けないレアな楽曲となっており、今回も懐かしいイントロが流れた瞬間に会場のファンからは歓声が上がったほどだった。 11期の小田さくら、12期の尾形春水・野中美希・牧野真莉愛・羽賀朱音は、今回の新Ver.で初めて自分のパートの歌詞をもらい披露したが、メンバーの特徴を捉えた歌詞はコミカルで、会場から笑いが起きる場面も。特に注目すべきは、会場からどよめきが起こった野中の歌詞だろう。 同コンサートでは、90年代後半の楽曲から、俗に言う“プラチナ期”楽曲、ここ数年の間で発表された楽曲など、時代とともに様々なカラーを生み出してきた楽曲が、ツアータイトルでもある「GRADATION」のように展開されている。そして、今のモーニング娘。’15の13人が表現することで、13色の個性が曲自体を新しく生まれ変わらせたようにも感じる。そんなバラエティに富んだ楽曲で、ステージは目まぐるしく展開していった。 アンコールでは、14日公開の「映画プリキュアオールスターズ 春のカーニバル♪」の主題歌『イマココカラ』を熱唱し、最後の挨拶となった。 初日の公演を終えて一人一人メッセージを伝え始め、鈴木香音に順番がまわってきた。その途端、突然鈴木が堪えていた涙を流し始めた。滅多にステージ上で泣くことのない鈴木の涙にメンバーもファンも動揺したのか、驚きのリアクション。 昨年末にケガをしたため、数ヶ月間パフォーマンスが出来なかったり、新曲のMVにも参加できなかった悔しさを乗り越えて、改めてステージに立てることに喜びを実感し、涙ながらに感謝の言葉を語っていた鈴木の姿が印象的であった。 公演終了後、ステージを降りた譜久村は、「リーダーとしてまた、12期メンバー4人も初のコンサートで不安ばかりでした。リーダーとしての役割が増え、とても大変でしたが、メンバー、スタッフさんとコミュニケーションをとることを意識し、リハーサルを重ね、初日を笑顔で迎えられてとてもうれしく思いました。来てくださった方々を前にし、緊張してしまいましたが、全力でコンサートに臨みました。終了後は安心してしまい涙がでてしまいました。始まったばかりなので、公演を重ねるごとに成長できるようにがんばります。」と意気込みをみせていた。 尚、同ツアーは千秋楽の5月27日の日本武道館公演まで、全15会場・33公演を敢行する予定だ。 今回が初のツアーとなる12期から、公演の意気込みと、この度のツアーで決定したメンバーカラ―についてのコメントが寄せられた。 ◆尾形春水<意気込み>リハーサルから緊張していて、先輩に迷惑かけないように12期メンバーだけで練習もしました。そこで12期メンバーの一体感も生まれ、そして先輩たちにも色々教わり、助けられ改めてモーニング娘。’15のメンバーになれたと実感しました。初の単独ツアーで、初めてのことばかりですが、ステージのどこにいても、元気に大きくパフォーマンスして、皆さんに観てもらいたいです。<メンバーカラ―>SEA BLUE・大好きな色ですし、名前に「水」が入っているので水色にちかい感じも、とってもうれしいです。 ◆野中美希<意気込み>緊張、期待、不安などのいろいろな気持ちがありすぎて、複雑な感じですが、おそらく15年の人生の中で一番緊張しています。ハロー!プロジェクト(2015年冬)のコンサートと違って、出演メンバーが少ないので、いつも以上に気を引き締めて、がんばって行きたいと思います。<メンバーカラ―>PURPLE・私にとっては、とっても意外な色でしたが、皆さんに覚えていただき是非好きになってもらいたいです。先輩の小田さんと色味が近いので、2人だけのコーナーなどもやってみたいです。 ◆牧野真莉愛<意気込み>まだ正直、コンサート初日の実感がなく、特別に緊張していませんがもう少し時間が近づくと感じてくるのかな?と思っています。また、単独ツアーが初なので、体力が持つか不安でしたがリハーサルをこなすたびに楽しさが先行し、最後のリハーサルも無事に終えることが出来ました。本番も最初から全力でがんばりたいと思います。<メンバーカラ―>LIGHT PINK・憧れの道重さんのカラーに近いので、とってもうれしいです。道重さんに少しでも近づけるようにがんばります。 ◆羽賀朱音<意気込み>楽しみと不安が半分半分で、さらに緊張しすぎて、昨日の夜寝られませんでした。また、ここまでの多くの曲でコンサートをやらせていただくのは初めてで、家でもいっぱい練習しました。このコンサートのためにがんばったので、初参加の新曲も間違えないように気をつけながら、楽しめるように参加できればと思います。そして多くの皆さんに観てもらいたいです。<メンバーカラ―>LIGHT ORANGE・尊敬する工藤さんと近い色でうれしいです。 【モー娘。最新情報、卒業メンバー情報はクリック】・【クリック】モーニング娘。一曲から販売中!公式Twitterアイドルのライブ情報、インタビュー完全オリジナル!→@dwangojpnewsFollow @dwangojpnews!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0];if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src="//platform.twitter.com/widgets.js";fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document,"script","twitter-wjs");「Hello! Project ひなフェス2015開催記念 〜ユニット名発表するよSP〜」