PIERROT 潤、La'cryma Christi KOJI、ShotaのALvinoアルバム発売へ
2月16日に活動9周年を迎えたALvinoが、4月8日(水)に2年2ヶ月ぶり通算5枚目となるアルバム『ALive』をリリースする。 KOJI(EX:La’cryma Christi)と潤(EX:PIERROT)2人のギタリストを軸に、ヴォーカルのShotaを加えた3人がALvinoのメンバーだ。最新作には、アルバムのために書き下ろした新曲から、2年間のライブを通して生まれ、演奏してきた楽曲。さらに、昨年12月に行った全国ツアーの際に会場限定で発売したシングルに入れた、KOJIと潤それぞれの手による2つのクリスマスナンバー『冬の天使』『White Heart』も収録している。 「4thアルバムの『Picture』から数えたら、アルバムとしては2年2ヶ月ぶり。その間、ALvinoを取り巻く環境もいろいろと変われば、そのたびに意識面にも変化が現れてきた。それが、今回の『ALive』(生きる/継続する/生き生きとした/A Live)という言葉に繋がったのかなと思います」(KOJI)と語るように、メンバー2人の華麗なる遍歴とは裏腹に、ALvino自体はけっして順風満帆な道のりを歩んできたわけではなかった。 今は、バンド自体のハンドリングをすべてメンバー自身が握っているように、フットワーク軽く自由に。でも、これまで以上に様々な責務を自分らで背負いながら3人は活動を行っている。それが負担。むしろ彼らは、今の環境で音楽創作へ向かっていけることをとても楽しんでいる。以下の発言のように…。 「今の自分たちに必要なのが”ALIVE”という言葉。自分たちは今、好きなことをやりながら、その中で生まれた苦労や苦悩、幸せなど、いろんな想いを噛みしめ、その上で出てきた結果をすべて前向きに受け止めては先へ進んでいる。それらの意識すべてを受け入れ形にしたのが、この『ALive』というアルバムなんですよ」(潤) 「自分たちが一番大事にしているライブをし続ける事で、この先もずっと「アーティストとして生きて」いきたい。その気持ちが、ALvinoとして活動していく中で強く意識していることです」(Shota) 5thアルバム『ALive』には、”着飾らない真っ直ぐな想いを言葉とメロディに乗せた楽曲”を数多く収録している。変化球を投げる術を知りながら、あえて彼らは「この想いなんだよ」「この気持ちを伝えたいんだ」と、狙い定めた場所へ真っ直ぐな剛速球(楽曲)を次々と投げ込んできた。これまでにも、ALvinoの楽曲に対して「爽やか」という表現を用いられることが多かった。が、今の彼らが作り上げた楽曲は、「爽やか」どころか、酸いも甘いも経験した男たちが無邪気な少年の気持ちに立ち返って作りあげた「青臭い歌」が中心だ。「空に飛び出しましょう 自由の翼を広げ」(『花鳥風月』)、「君へと綴る恋文 唄にのせて今届け 僕の春恋」(『春恋』)、「君とあの空へJUMPしよう どんな時でもJUMPしよう」(『JUMPER』)などなど、アルバム『ALive』へ収録したのは、夢や理想を掲げた若者たちが、情熱に任せ生まれた想いを書き殴ったような歌の数々。その「心に偽りのない想い」を彼らは、「歌心」を活かした良質で上質な演奏映える楽曲に乗せ、届けてきた。 だからこそ想いの数々が深く心へ突き刺さり、みずからの感情までもが青臭い感情に戻り、一つ一つの歌と熱く抱擁したくなっていく。もちろん、経験者ならではのギミックと言うべきか、ストレートな表現に見せて、その裏には別の想いも隠し持っている。その冴えた手腕も流石じゃないか。 曲調面でも、ALvino流LAメタルという体で作り上げた雄大な『花鳥風月』や、触れた人の感情を熱く高ぶらせてゆく『Dilemma』。KOJIと潤それぞれの視点の違いを楽しめる『冬の天使』『White Heart』と、深い愛に満ちた心模様見える2曲のクリスマスナンバーなども登場。爽やかながらも表情豊かな曲たちが、『ALive』というアルバムには並んでいる。 今回のアルバムに貫いた『ALive』(生き続ける)というテーマ。今の3人の丸裸な想いが、ここまで真っ直ぐだったことは嬉しい驚きかも知れない。過去の経験さえも土壌として踏み固めながら、彼らは今、苦悩さえも楽しむための糧にし、「音楽で生きてくこと」をまっさらな姿で楽しんでいる。その様を写し取ったのが、この『ALive』と言えようか。 アルバム発売後には、KOJIと潤のバースデーライブを含む、インストアイベントも連動させた全国ツアー「2015 Birthday Limited Live Tour”Chord「Birth」”」がスタートする。ぜひ、このアルバムを聞いて感じた想いを、3人に真っ直に伝えて欲しい。彼らはその言葉を、前へ突き進む自分たちの心の糧にしようと心待ちにしているのだから。(TEXT/長澤智典)