世界を揺るがす「BABYMETAL」SSA公演を独占放送
「世はカオスの時代。世界中の人々がメタルの魂を失いかけていた、2014年。BABYMETALはキツネ様のお告げに従い、再びメタルの魂に火をつけ、世界をひとつにするという使命を背負い、異国の地へと旅立った」――。 そんなスペクタクル・ムービーの序章のような壮大なオープニング映像と共に「新春キツネ祭り」は幕を開けた。2014年、ワールドツアーを経験して再び日本へと戻って来たBABYMETALの華々しい凱旋ライブだった。 割れんばかりの歓声に包まれて、YUIMETAL、MOAMETAL、SU-METALの3人が棺のようなハコの中から姿を現した。そして妖艶な雰囲気の「メギツネ」のイントロに合わせて、キツネの面をつけたままアリーナの中央に伸びる花道をゆっくりと前へ。重低音が地面から突き上げる本格的なバンドの演奏にのせて、SU-METALのハイトーンボイスが会場に響き渡り、YUIMETALとMOAMETALのふたりも全身をめいっぱい使ったキレのいいダンスを見せる。 さらにレーザービームが客席を飛び交うなか繰り出したピコリーモ(エレクトロとスクリーモの融合楽曲)『いいね!』では、3 人が「Are You Ready?」と問いかけると、コール&レスポンスで会場が一体となった。メタルの様式美とエレクトロとJ-POPとが絶妙のバランスで生み出す中毒性の高いサウンドは、開始わずか15分で会場を陶酔させる破壊力だ。 YUIMETALとMOAMETALが上半身を大きく前後に倒す激しいヘドバンを見せた『4の歌』では、「もっと声出せるよね?」「まだまだ全然足りないよー」と広いステージを左右に走りながらメンバーはお客さんを煽り、客席はすさまじい熱気に包まれた。 MCは一切ないまま、ライブはクライマックスへと進んでいく。神聖なパイプオルガンと稲妻が鳴り響く荘厳な雰囲気のなか、ついに「ヘドバンギャー!!」が降臨。SU-METALはスタンドのついたマイクをステッキのように振り回し、YUIMETALとMOAMETALは煙の噴射するバズーカ砲を手に大暴れ。曲の終わりは、糸の切れたあやつり人形のように3人がダランと脱力させるポーズで決めた。 「さいたまスーパーアリーナ!スクリーム!」「聴こえないよー!」「もっともっとー!」と煽りまくった『ギミチョコ!!→!!』では、ふだんはクールな表情のSU-METALがチラッと見せた笑顔がキュート。そして、最後は『イジメ、ダメ、ゼッタイ』で、ステージ上に火の玉をボコボコと打ち上げるなか、Xジャンプならぬ、×(ダメ)ジャンプ。熱狂のなか、SU-METAL、YUIMETALとMOAMETALの3人は「See you!」と腕を高く掲げ、颯爽とステージを後にした。 会場からの熱烈なアンコールを受けて3人が再びステージに登場すると、へヴィなバスドラが怒号のような唸りを上げ、メンバーがひとりひとり自分の名前をコールしながら《B×A×B×Y×M×E×T×A×L DEATH!!》と短く投げかけていく『BABYMETAL DEATH』。指で作ったメロイックサインならぬ、キツネ様を表したフォックスサインを胸の前でクロスする振り付けで客席の熱気はさらにヒートアップする。 さらに、『ド・キ・ド・キ☆モーニング』では、ポップメタルなノリで可愛らしいダンスを見せると、ラストは昨年ロンドンで披露された新曲『Road of Resistance』だった。スクリーンには“WALL OF DEATHの乱”と呼ばれる戦国時代の合戦図が映し出され、武将の顔をメタルレジェンドに重ねた、思わずクスリと笑いたくなる演出。YUIMETALとMOAMETALは“BABYMETAL”と書かれた大きな旗を振りまわし、SU-METALがゆっくりとセンターステージへ進み出ると、バンドの音をかき消して2万人の歓声が会場いっぱいに響き渡った。 この模様は3月15日(日)よる11:00からWOWOWライブにて独占放送される。 ※とりあえず【クリック】BABYMETAL聞いてみる!