AKB48高橋・横山が新潟を表敬訪問 先輩Negiccoにも挨拶
国内5つめの48グループ「NGT48」が10月に誕生することが発表された新潟。 この時期には珍しいという雪の舞う中、AKB48グループ総監督の高橋みなみ、次期総監督の横山由依、そしてSKE48劇場支配人からNGT48劇場支配人に異動になることが発表されている今村悦朗が、NGT48劇場のオープンに先立って表敬訪問した。 まずは新潟県庁へ。エントランスで多くの県職員や市民の皆様の熱烈な出迎えを受け、高橋も「愛を感じました!」と大感動。泉田裕彦県知事との面会では、新潟の大先輩であるアイドルNegiccoも同席し、「一緒に新潟を盛り上げていけたら」と。また、地元名産のいちご「越後姫」とAKB48グッズを交換するなど終始和やかな懇談となった。 続いて訪れた新潟市役所でも職員の皆様からの歓迎を受け、篠田昭市長と面会。地元の名物“笹団子”の話などで盛り上がった。 NGT48劇場支配人となる今村も「他のグループは街の名前がグループ名の由来になっていますが、NGT48は市はもちろん県の名前が付いたグループになりますので、新潟県民の皆様のご協力をいただき一緒になって、新潟を盛り上げていきたい」と抱負を語った。 その後は、新聞社やテレビ局など地元のメディアに挨拶に回り、NGT48への協力や支援を要請、10月1日に予定されているNGT48劇場のオープンに向けて、有意義な一日となった。 また、今回の訪問で、今村劇場支配人から、第1期メンバーオーディションの募集を、4月10日(金)から開始することも発表された(5月18日まで募集予定)。オーディションの詳細は、追って明らかになる。 ●コメント(県庁で行われた囲み取材でのコメント一部抜粋) 高橋みなみ(AKB48チームA/AKB48グループ総監督) 久しぶりに新しい国内のグループが生まれるので、私たちAKB48グループメンバーもワクワクドキドキしています。 今日、皆さんの温かさを目の当たりにして、「これは盛り上がるな!」と感じました。 アイドルになりたいという子たちだけでなく、夢を持った子たちが集まってくだされば嬉しいなと思っています。新潟なので肌の白い綺麗な子が集まってくれるのかな、とも期待しています。 私たちAKB48や他のグループも新潟にお邪魔させていただく機会も増えると思います。まだ新潟に来たことがないメンバーも多いので、この新潟という温かい街を皆で知っていきたいと思っています。よろしくお願いします。 (C)AKS 【AKBグループその他の記事はクリック】AKB48楽曲ラインナップは【クリック】