乃木坂46白石麻衣・橋本奈々未がMVで魅せた迫真演技
乃木坂46が3月18日に発売する11thシングル『命は美しい』のカップリング曲として収録される『立ち直り中』のMusic Videoが完成し、その予告編が公開された。 『立ち直り中』は、11thシングルの選抜メンバーのうち、20歳を超えたお姉さんメンバーの中の7名によって歌唱されたナンバー。Music Videoでは昭和を彷彿とさせる、現代版女工哀史のような設定のなかで、メンバーたちがみせる演技に注目したい。 ストーリーは、紡績工場で働く女性達のヒューマンドラマとなっている。工場を出て芸能活動をすることを夢みる白石に、人見知りの橋本は少しずつ心を開いていくのだが、ある日白石が工場を出て行くことになり、橋本はかつて母親と行き別れた過去を思い出してしまう。それぞれの道へと旅立った2人が「自分にとっての幸せ」を探しながら生きていく模様を描いている。 夕日が落ちる中行われた別れのシーンの撮影では、感情を爆発させる橋本と、それを受けて白石が本気の涙を流すという感動的なシーンとなった。 また紡績工場を再現したセットでは、空き時間でメンバーの橋本や深川麻衣がミシンを使って服の一部分を完成させ、珍しいセットでの撮影を楽む場面も。 今回もメンバーが魅せる迫真の演技にぜひ注目してほしい。 【乃木坂46その他の写真記事はクリック】☆【乃木坂ファンクリック!】ここだけオリジナルボイス!楽曲も!