乙女新党とParty Rocketsのコラボツアー初日大盛況
乙女新党とParty Rocketsによるコラボツアー「乙女Rocketsスプリットツアー2015スプリング supported by 生メール」の初日公演が3月8日に仙台MACANAで昼夜2回公演で行われた。 今回のコラボレーションは、時間を区切って2組がそれぞれパフォーマンスを行うような通常の2マンライブとは違い、自身のパフォーマンスの他にお互いの曲を両グループ全員や選抜メンバーでやったり、一つの公演の中でそれらをミックスしてやっていくという事前アナウンスがあった中で、いったいどんなステージが観れるのか期待に胸をふくらませた多くのファンが杜の都に集まった。 13時開演の1部は、先日3月1日に「アイドル甲子園 in 赤坂BLITZ」でもサプライズで披露された乙女新党6人+Party Rockets3人の「乙女Rockets」9人全員による乙女新党の2ndシングル曲『2学期デビュー大作戦!!』でスタート。キュートにカスタマイズされた揃いのコラボTシャツで、このツアーの為に組まれたフォーメーションで所狭しと9人でパフォーマンスする姿はとても可愛く華やかだった。 挨拶及び自己紹介MCを挟んだ後、乙女新党メンバーが残って『新・乙女新党のうた』、続いて両軍入れ替わってParty Rocketsの『好きすぎて生きるのがつらいよ』『初恋ロケット』、さらに乙女新党の一部メンバーが加わってのパティロケ曲『RAINBOW!』をコラボ、立て続けに両軍メンバー一部入れ替わっての乙女新党曲『ビバ!乙女の大冒険っ!!』をコラボと、どちらのファンにとってもワクワクしっぱなしのセットリストが続く。 ツアーのネタバレになってしまうのでこれ以上のセットリストは控えるが、「乙女新党単独パフォーマンス」「Party Rockets単独パフォーマンス」「両軍選抜メンバーによるお互いの曲のコラボ」「全9人のメンバーによるお互いの曲のコラボ」が約2時間のステージの中で入れ替わり立ち替わり披露されるという、実に楽しいスプリットライブであった。いや「スプリット」というよりは完全なる「コラボレーション」で、単なる2マン企画とは次元の違う新しいエンタテインメント・ショーとして成立しており、このツアーの為に周到に準備されたメンバーの努力の跡がうかがいしれる。 そして17時開演の2部ではセットリストも大幅に変えられており、とにかく「観る人を楽しませよう」という両グループの強い気持ちが感じられる、ファンも大満足のツアー初日であった。Twitter上でも「楽しさ凄い」「生ぬるいコラボじゃない、ヤバい」「この曲にこのメンバーが!?という驚きがあって楽しかった」「まったく新しい“乙女Rocketsというエンタメ集団だ」「アイドルでコラボ企画やろうとしてるところは絶対見た方がいい」「楽しさ、可愛さ、努力とか、“アイドル”が全て詰まってる」「ファイナルの新宿BLAZEはきっと伝説になる」等々賞賛の嵐だ。 楽曲やパフォーマンスのイメージを端的に言ってしまうと“可愛い乙女新党”と“かっこいいParty Rockets”という一見正反対の2組がいったいどんな融合を見せるのか、当初は相容れないのではないかという声もあがっていたようだが、まったくの杞憂に終わったようだ。乙女新党のメンバーの普段見られないクールな表情、Party Rocketsメンバーが普段見せない可愛い表情など、ファンにとって新しい発見もあったステージだった。