元宝塚トップスター大空祐飛 初ドラマに「胃が痛かった」と本音
先日、スポーツ新聞に掲載された元宝塚歌劇団・宙組トップスターのインタビュー取材が話題を呼んでいる。 NHKドラマ「紅白が生まれた日」で映像ドラマ作品が初挑戦になる大空祐飛はインタビューで「舞台とは違う面白さが見えてきた」としつつも、与えられた大役に「撮影中は胃が痛かった。」とコメントを残している。かつて宝塚の大舞台でセンターを務めたトップスターも「胃が痛くなる。」というギャップがネット住民を沸かしているようだ。 また、女優として新たな境地を開拓するというところで、大空は3/19(木)より、3人の男女が密室で激しい葛藤・心理の奥の闘いを繰り広げる舞台「死と乙女」に出演することが決まっている。