AKB48が大物ラッパーからラップを勉強!意外な才能も披露
AKB48 39thシングル『Green Flash』の発売を記念し、ニコニコ生放送にて「目指せAKB48全員出演!『Green Flash』発売記念~某所現場に潜入スペシャル~」が放送された。 番組の中で『Green Flash』で取り入れられた「ラップ」に焦点を当てた企画「AKBラッパー化計画」にて、AKB48メンバーがラップに挑戦をした。 AKB48から大和田南那、高橋朱里、岡田奈々、大島涼花、梅田綾乃、川本紗矢が登場。講師にはフリースタイルの貴公子であるKEN THE 390、そして「Green Flash」のラップ指導を担当したマチーデフが登場という本格的なもの。二人は登場からフリースタイルを披露。AKB48メンバーは初っ端から度肝を抜かれる。 ユーザーから募集した「そのメンバーにまつわる」歌詞をメンバーがラップにチャレンジするコーナー。高橋朱里は「好きな国はトルコとグアムじゃない!好きな味も明太子じゃない!」とまさかの歌詞へツッコミ。なんとか自分の好きな歌詞にしようとしたが断念。不安なままラップを始めるが、なかなかの腕前を披露しラッパーとしての素質が垣間見られた。 大和田南那、川本紗矢も途中でつっかえる部分もあったが表現力が豊かで講師より「みんなスゴく上手い!」と太鼓判を貰う。 そして、メンバーを交代して峯岸みなみ、向井地美音、小嶋真子、武藤十夢、西野未姫、相笠萌、村山彩希が登場。 向井地美音、小嶋真子、村山彩希は苦戦するも可愛さがユーザーから大絶賛!そして登場した峯岸みなみ。かなり難しい歌詞が登場するも、しっかりと仕上げてくるさすがの器用さを魅せた。KEN THE 390からも「峯岸さんすごかったです!」と大絶賛! そして最後は、新世代のバラエティー班である中村麻里子、小笠原茉由が登場。小笠原茉由に与えられたラップはなぜか『Green Flash』の高橋みなみがラップした歌詞を変えただけという、小笠原に全く関係なく、しかもかなりハイレベルなもの。芸達者な小笠原ならラップも旨くこなすか…と思ったが若干苦戦。しかし「小笠原ップ」などの名言も飛び出し、しっかりと笑いに変えたのはさすが。そして大トリの中村麻里子も自分には関係の無い歌詞ながら鉄板の「ローラ」のモノマネでしっかりと「ローラップ」を披露し大絶賛を浴びた。 ユーザーからも大きな反響を呼んだ今回の「AKBラッパー化計画」。もしかしたら今後、AKB48でラップ選抜が出来るかも? 【AKBグループその他の記事はクリック】AKB48楽曲ラインナップは【クリック】目指せAKB48全員出演!『Green Flash』発売記念~某所現場に潜入スペシャル~