ジョン・ヨンファ初の日本ソロライブがスタート
韓国出身のバンドグループCNBLUEのリードボーカル、ジョン・ヨンファが、3月4日(水)に初のソロアルバム『ある素敵な日~ Japan Special Edition ~』をリリース。 そのアルバムを引っ提げ、3月7日の国際フォーラムを皮切りに、初の日本ソロライブツアー「JUNG YONG HWA 1st CONCERT in JAPAN “One Fine Day”」をスタートさせた。 今ステージはアルバムの収録曲を中心に披露され、彼自身がこれまでコラボレーションを熱望していたアーティストとともに手掛けた楽曲を熱唱。 さらに今ツアーのために結成された“ジョン・ヨンファバンド”とともに繰り広げられ、ステージ中を縦横無尽に歌い、踊るヨンファの姿に会場は大熱狂。また、GLAYのTAKUROが作詞を手掛けたことでも話題となったアルバム収録曲『君を好きになってよかった』では、「この曲は一番好きな曲なんです。歌詞を見たときは、本当に涙がこぼれそうになるくらい、素敵な歌詞を作っていただき感無量でした…!本当にありがとうございます!」と感謝の気持ちを述べた。 セットリストは韓国語楽曲を中心に披露されたが、途中韓国語歌詞を日本語に変えて歌ったりと、ライブならではのアドリブも飛び出し、日本のファンを喜ばせた。 「言葉が違っていても、音楽で僕の気持ちを伝えていきたいです…!僕の気持ち、ちゃんと伝わりましたか?」と語りながら、それにこたえるような大きなファンの声援に、思わずヨンファから笑みがこぼれた。 ジョン・ヨンファ初の単独ライブ「JUNG YONG HWA 1st CONCERT in Japan“One fine day”」は、3月14日、15日にグランキューブ大阪、さらに3月28日に国際フォーラムホールAにて追加公演が決定している。また、このライブ会場で初めて4月8日(水)には昨年9月にリリースの3rdアルバム『WAVE』以来、約7か月ぶり、2015年第1弾シングルとなるCNBLUE 9th Single『WHITE』の発売決定が告知され、続けて2015年初のCNBLUEライブステージ「WHITE」を引っ提げた春のアリーナツアーも決定が告げられると、会場からは割れんばかりの歓声があがった。 ・K-POPニュース写真はクリック【クリックでK-POP Lifeへ!】