金メダリストがTHE HOOPERSメジャーデビュー祝う
“イケメン女子”グループTHE HOOPERSがシングル『イトシコイシ君恋シ』でついにメジャーデビューを果たした。 デビューを記念して行われたお台場ヴィーナスフォート教会広場でのイベントには、かのロサンゼルスオリンピック体操の金メダリストである森末慎二がデビューを祝福するため駆けつけた。 デビュー曲『イトシコイシ君恋シ』のダンス振り付けの一部が、森末慎二のオリジナル体操技「モリスエ」に着想を得ている縁で招かれた今回のイベント。 スペシャルゲストとしてステージに迎え入れられた森末本人の目の前で、生でメンバーがアクロバットな振り付けを披露すると、森末からは「本格的なアクションでびっくり。今後もどんどん体操技を取り入れられる実力を持っている」と太鼓判。 メンバーの魅力についても「イケメンだけでなく色気も感じる。男女問わず万人に愛されると思う」とお墨付き。さらに、メンバーにサプライズでロス五輪にて獲得した金・銀・銅の3つのメダルを取り出すとメンバーは声を上げて喜び、それぞれに実際手にしたメダルの重みを実感。 最後はデビュー曲となった『イトシコイシ君恋シ』を、お墨付きをもらったアクロバット技を交えつつ熱唱、集まった熱狂的なファン200名を魅了した。締めくくりの挨拶ではデビューを応援してくれたファンへの感謝の言葉を涙まじりに口にし、デビューの喜びを噛みしめていた。