カーリー・レイ・ジェプセンの新曲が到着 待望のニューアルバムは今夏
世界中で1700万枚売り上げ、全米最長No.1(9週連続)を獲得した『コール・ミー・メイビー』から約3年。“ナチュかわポップ・プリンセス”=カーリー・レイ・ジェプセンの新曲『アイ・リアリー・ライク・ユー』が解禁となった。 3/3に配信開始となった新曲『アイ・リアリー・ライク・ユー』は、「ホントにホントにホントに好き」と歌った200%ポップな告白ソングで、「私が小さいころから大好きな楽曲『ラヴフール』を書いたピーター・スヴェンソンと一緒にお仕事をすることが出来て、改めてピュアなポップソングを書く喜びをかみしめることが出来たわ。この曲の内容は、まだちょっと「愛してる」と言うには早すぎるけど、ただの「好き」よりも、「ホントにホントにホントに好き」という関係を歌っているの。」とコメント。 ミュージック・ビデオもすでに先日NYで撮影されており、トム・ハンクスと、レーベルメイトのジャスティン・ビーバーもカメオ出演しているとのことで、解禁が待たれる。 待望の最新アルバムには、Rami Yacoub (ワン・ダイレクション、ニッキー・ミナージュ)、Dev Hynes (Blood Orange)、 Jack Antonoff (ファン.、テイラー・スウィフト)、Ariel Rechtshaid (チャーリー XCX、ハイム)、Tegan and Sara、ヴァンパイア・ウィークエンドのロスタム・バットマングリジ、Greg Kurstin (シーア)、そして今年のグラミー賞にてProducer of the Yearを受賞したマックス・マーティン等の参加が発表され、アルバムの全貌にも期待が膨らむ。