松岡充が語る「仮面ライダーに救われた」強い想い
「dビデオスペシャル仮面ライダー4 号」主題歌を担当する事となった松岡充率いるMitsuru Matsuoka EARNEST DRIVE。 「仮面ライダードライブ」のためだけに作られたユニットであるMitsuru Matsuoka EARNEST DRIVEがまさかの再登板となりファンを驚かせた。 松岡充は映画「仮面ライダーW FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ」の主題歌、松岡自身も仮面ライダーエターナルを演じるなど、現時点では、最も仮面ライダーと密接なミュージシャンとなった。 そんな松岡へ仮面ライダーシリーズプロデューサー・白倉伸一郎氏と共に、「仮面ライダー4号」について話を聞いた。松岡は「一番やっちゃいけないことじゃないか」と仮面ライダーエターナルを演じながらも、今回、仮面ライダー4号で声優を演じることを話す。 「エターナルを好きな人でも理解してもらえる、なぜ松岡が起用されたのかをわかってもらえると思うし、そこまでの伏線は元々無かったかもしれないけど、結果、運命的にこういう形で参加できたということはスゴく嬉しいし、皆さんにも伝わると思います。(松岡充)」と、仮面ライダー4号を見てもらえれば、なぜMitsuru Matsuoka EARNEST DRIVEが主題歌に起用されたかわかると話す。 今回の楽曲は『-time-』と名付けられた。 「『SURPRISE-DRIVE』の時は、ドライブが過去の仮面ライダーを引き継ぎながら、全く新しい今までにない仮面ライダーを作り出したので、その勢いとかドライブ感を音楽で表現しました。今回は、仮面ライダーたちが背負ったものが色濃く出る作品にしようと思っています。Mitsuru Matsuoka EARNEST DRIVEは仮面ライダーの為に作らせてもらって、音楽の才能が有り余っているようなメンバーで(笑)、スゴイ表現力、ネタを沢山持っている人たちなのでギュッと濃縮して、『SURPRISE-DRIVE』とは全く違うものに仕上がっています。(松岡充)」 そんな松岡の頼もしい話に、出来上がりを心待ちにしているという白倉氏は「妻が大ファンなんですよ」と笑いながらも大きな期待を寄せる。また、主題歌以外にも今回の仮面ライダー4号と世界観がつながる曲も収録されるという。「仮面ライダー4号と同じで、どこかでつながっている世界があるという世界観を、僕らは一枚のCDで表現できればいいなと思っています。(松岡充)」 また、松岡充は仮面ライダー作品に対しての特別な思いがあると話す。 「僕が持っている死生観と仮面ライダーはつながるものがあって、SOPHIAの曲で『男の子』って曲があるんです。悪の大魔王が僕らを襲いに来るという歌なんですが、それとは逆に、悪の家族はヒーローが憎くてしょうがないだろうって曲もあって…仮面ライダーの死生観とスゴく近いと思ってます。僕はそういう曲を歌ってきていたので、自分が仮面ライダーになる、携われるというのはスゴく嬉しかったし、責任がスゴくあります。ただ、タイアップで主題歌をやらせて頂く、という気持ちではないので…今回、関わらせて頂けるのが4作目なんですよ!これだけ関わらせて頂いているんだから給料いらないんで社員証がほしいです!(笑)」 ここまで思い入れのある仮面ライダー作品、白倉氏も松岡に対して「松岡さんの声入れの時に共演者のスーツアクターが「どんな声しているの?」って見に来るんですよ。なかなかないことですから、これも、人徳だなと思います。」と話し、松岡と仮面ライダーの結びつきの強さを確認させてくれた。 松岡は最後に「仮面ライダーに自分が救われた」と話す。 「SOPHIAのバンドメンバーが末期癌になって、スゴイ落ち込んでいる時にWの話が来たんです。僕としては15年間やっていたバンドが終わるかもしれない、メンバーが死ぬかもしれないっていうどん底の状況の中で、仮面ライダー作品の話が来て、もう一回立ち直れるチャンスを貰って、仮面ライダーに救われたんです。その思いで『W』を書いた。SOPHIAのファンはそれを知っていて『W』を聞くし、エターナルを見たんです。そこから奇跡的にメンバーの末期癌が治って、さあ復活するぞって時にエターナルのスピンオフの話が来て『cod-E 〜Eの暗号〜』って曲を作らせて頂いた。この『cod-E 〜Eの暗号〜』はエターナルを通して立ち直るぞって曲だし、それをSOPHIAの復活の時に出来たのはスゴく大きくて…もう仮面ライダーには恩しかないんです。自分の危機を本当に救ってもらえた、仮面ライダーに救われるってことが、自分には本当に現実に起きたんです。」 仮面ライダーという世界に誇る作品で繋がっていく想い。仮面ライダー4号そして、主題歌となる『-time-』がどんな作品になるのか、楽しみで仕方がない。 【4月1日(水)発売「宇宙船vol.148」にて、当対談のロングバージョンを掲載します!】☆Mitsuru Matsuoka EARNEST DRIVE「SURPRISE-DRIVE」要チェック!☆