チャットモンチー NEWアルバムは自在な4変化
5月にアルバムリリースとかねてより告知を行っていたチャットモンチーだが、5月13日にニューアルバム『共鳴』をリリースする事を発表した。 『共鳴』は、サポートメンバーを迎えた4人体制として活動再開してから初めて発表されるオリジナルフルアルバムで、2年7ヶ月ぶりとなる通算6枚目のアルバム。『こころとあたま / いたちごっこ』『ときめき / 隣の女』のシングル表題曲4曲と新曲8曲の、計12曲が収録される。 2枚の既売シングルで披露された(1)男陣(恒岡章、下村亮介)、(2)乙女団(世武裕子、北野愛子)というふたつの4ピース、そして(3)橋本&福岡+恒岡章という3ピース、(4)橋本&福岡の2ピースという、4つの形態で自在にレコーディングされた楽曲が並んでいる。 男陣による楽曲は、タイトで切れ味鋭く。乙女団による楽曲は、しなやかで残酷に。そして3ピース・2ピースでの楽曲は、より自由で軽やかに。常に変化を続けるチャットモンチーらしい、ここでしか聴けない唯一無二の音が詰まった、さらなる音楽的進化を示す内容となっている。 初回生産限定盤DVDには、それぞれ気鋭の映像クリエイターを起用し大きな話題を呼んでいる『こころとあたま』(Dir.ぬQ)、『いたちごっこ』(Dir.山岸聖太)、『ときめき』(Dir.清水康彦)、『隣の女』(Dir.東京倉庫)のミュージックビデオと特典映像が収録されたDVDが付属する。 収録曲や各曲の演奏形態は、後日発表。アルバムリリース後の6月からは、豪華な先輩アーティストを各地ゲストに迎えた“全国対バンツアー「チャットモンチーの求愛ツアー・2015」”も決定している。