吉川友 ペルー公演4000人大熱狂!ワガママBODYで魅了
吉川友が現地時間の2月28日(日本時間3月1日)、世界遺産マチュ・ピチュ遺跡やナスカの地上絵で有名な、ペルー(リマ市)にて開催された「Natsumatsuri2015」にゲストアーティストとしてライブを行った。 吉川友の海外ライブは、これまでに、2012年アメリカ・アトランタ(Anime Weekend Atlanta 2012)、フランス・オルレアン(Japan Expo Center)、ベルギー・ブリュッセル(Japan Expo Belgium)、2013年にアメリカ・サンタクララ(Japan Expo USA)、2014年にブラジル・サンパウロ(Anime Friends 2014)と世界各地でライブパフォーマンスを披露してきた。 今回は、吉川友にとって昨年に続き2度目となる南米でのパフォーマンスになり、ペルーをはじめ、ブラジルやボリビアなど南米各国から駆け付けたファン達を約4000人を熱狂させた。 LIVEの前日訪れた、世界遺産のリマ旧市街セントロ地区で「この大きな街が世界遺産と聞いて、私もこの大きなワガママBODYをどんどん輸出してアイドル世界遺産に認定される様に頑張ります!(日本含め)世界6か国でライブを行ってきましたが、もっともっと沢山の国でライブがしたいので世界中のプロモーターさんワガママBODYへのオファー待ってます!よろしくお願いします!」と語った。 ペルーは南半球である為、夏真っ盛りである。真夏らしい晴天の空の下で、会場内は日本の夏祭りさながらの日本食やアニメグッズ等の屋台がひしめきあっていた。午前中のリハーサルを終えた吉川友は、各ブースや来場者に夜に行われる自身のライブ告知をしながら自身の紹介を兼ねた特製うちわ配り歩いた。休憩中や移動中は終始、スペイン語MCの練習をしていた。 そして、ライブスタート時刻となった現地時間の夜19時。約4000人の観客で埋め尽くされたステージ会場。大きなモニターに吉川友のMV映像が流れると同時にオープニングBGMが流れ始めると、会場内は大「きっか」コールで沸いた。 22歳のオトナを感じさせるセクシーなナンバー『URAHARAテンプテーション』でペルーのステージが始まった。続けて事務所の先輩である松浦亜弥のカバー曲『LOVE涙色』を披露した。ペルー在住のハロプロファンの間でも馴染みのあるメロディーが流れ始めると、会場内はファンのみならず会場の親子も大きな手拍子でライブを盛り上げる。 最初のMCでは南米アイドルを自負するだけに、自身初のスペイン語で自己紹介をした。吉川友が元気いっぱいに放つスペイン語MCにステージ前のファンも一言話すごとに大歓声を上げた。 続けて『あまいメロディー』『「すき」の数え方』、藤本美貴のカバー曲『ロマンティック浮かれモード』といったアップテンポなナンバーで曲中にMas!Mas!(もっと!もっと!)と、吉川友がスペイン語で会場を盛り上げる。 披露曲の『「すき」の数え方』はペルー訪問前に、吉川友公式チャンネル内で、曲中の振り付けで登場する「LOVE LOVE」のコールと手ぶりの振り付けを一緒にやろうとスペイン語で投げかけていた事も有り、会場は沢山の「LOVE」を意味するLの字のハンドサインと、LOVEの大声援がつつんだ。次のMCでは、吉川友がステージドリンクのボトルを掲げて「サルー!(乾杯!)」と叫び、会場も大きな声で「サルー!」と返しながらステージドリンクを飲み干した。 ライブも終盤になり、夜空につつまれ始めたリマの街に吉川友のバラード曲『TO BE…』『こんな私でよかったら』が流れると会場には涙を流すファンも。本編ラストの『水色』ではステージ上で曲とともにタオルを振りかざし、会場を盛り上げ、ステージ上から観客席へなだれ込むように熱い思いをペルーのファンたちへ届けた。 ラスト曲を終えた吉川友はスペイン語で「ペルーの皆さん、沢山の声援をありがとうございました。また必ず会いましょう!」と挨拶をしてステージを降りた。 ステージを降りると会場から「きっか」コールのアンコールが沸く。アンコールに答え吉川友は再びステージに登場した。会場の熱い気持ちに答える為に、自身の曲『ずっとずっとずっと君がスキだ』のサビ部分を「ムーチョ・ムーチョ・ムーチョ テキエロ(とても・とても・とても君が好きだ)」とスペイン語で置き換えた曲をペルー国旗を手で掲げながらのパフォーマンスをした。 アンコール曲を歌い終え、ペルー国旗を手に会場上から記念撮影をして、「また必ず会いましょう!」とステージを終えた。なお、今回のライブMCは全てスペイン語で行われた。 全10曲のライブを終えた吉川友は、「ペルーでの熱いライブが終わりました。ステージを降りてもスペイン語で「オトラ!(アンコール!)」と私を呼んで頂いて、歌っていてとても楽しかったです。とにかくお客さんの反応が凄いんです!会場の隅の方まで盛り上がって下さっていました。会場から帰る時も、沢山の方が会場でお見送りして下さって、まるで海外のスターみたいな体験をさせて頂きました。次にまたペルーを訪れる際にはもっともっとスペイン語を勉強して南米アイドル吉川友としてもっとステージを盛り上げたいと思います!必ず実現できるようにこれからも頑張ります!」と熱い思いを打ち明けた。 また、ライブ前日の27日に行われたファンミーティングでは、同イベントへの出演決定から吉川友のペルー訪問を心待ちしていた吉川友のファンクラブメンバーら約100名が会場前で待っていた。車から降りた姿が見えると「きっか!」コールとともに温かく出迎えられた。約150名のファンが参加したファンミーティングと握手会が行われた。 吉川友へファンからの最後の質問で、「またペルーに来たいですか?」の問いに「とても温かい人たちがあふれるペルーを愛しています!ペルーのセビーチェ(魚介マリネ)も大好きです!また必ず来たいです!」と吉川友が笑顔で答えると、会場内は「また来て!!」と大きな声援が送られた。 【吉川友写真をもっと見るならクリック】☆吉川友新曲詳細はクリック!