三浦大知が日本屈指のプロダンサーと魅せた新感覚エンターテインメントに喝采
「モノづくりを一緒にやる仲間として」——一人のアーティストとダンススタジオが、ともに一つのステージを創りあげる。そんな今までにないエンターテインメントが2015年、TOKYO DOME CITY HALLに誕生した。 その一人のアーティスト、三浦大知はシンガー、ダンサーとして活躍しているのはもちろんのこと、コレオグラファー(振付師)としてもダンスシーンでは圧倒的人気を誇る。また、この奇跡ともいえるコラボレーションを実現させたのは、公私ともに三浦大知との親交が深いEn Dance Studioの総合プロデューサーであるダンサーPuriである。 この共にステージを創りあげたEn Dance Studioは、日本をはじめ、海外からも最前線で活躍するプロダンサーたちを数多く講師として迎える、日本で最も旬なダンススタジオだ。そんな多くの次世代ダンサーたちから支持を得ている両者が、かねてから描いていた夢、それが今回の「LIVE」である。 このステージは、普通のライブを観に行く感覚でいると、まずオープニングから面食らうであろう。なぜなら通常のアーティストライブといえば、主役であるアーティストを、バックダンサー数名がステージに花を添えるというものだが、この「LIVE」はそうではない。ダンサーも三浦大知同様”主役”なのだ。そう、なんとオープニングはダンスのみ。そして彼らが魅せる圧巻のパフォーマンスと、それを彩るステージセット、照明。否が応でも期待に胸が膨らんだ。 そしてついに三浦大知が登場。彼の楽曲の中でも、ダンスナンバーとして多大な人気を誇る『Bring It Down』を披露。彼を含む7人の、切れのあるムーブに会場はヒートアップ! パワフルな歌声で、一気に3曲を駆け抜けた。 歓声も鳴り止まぬ中、このダンススタジオと一人のアーティストがコラボすることで、誰も見たことの無いエンターテインメントを創りあげられたことへの感謝、またそれによって「みなさんの心の中に生まれる、新たな感動に心地よさを感じてほしい」というMCに三浦大知のこのステージに関わるすべての人への想いが伝わってきた。 ここからのステージもダンススタジオとのコラボならでは。まず、オーディションによって選ばれたキッズダンサーたちと『Right Now』を披露。大人のダンサーと見紛うくらいの高いスキルを持ったキッズダンサーたちが、三浦大知の滑らかな歌声にノってステージを盛りあげる。 さらには弾き語りで魅せる『Listen To My Heart Beat』。これも単なる弾き語りではなく、ダンサーとのコラボレーションでよりエモーショナルな展開に、観客は息をのんだ。なぜならこの曲の主人公の”鼓動”を表現したのは、今世界のダンスシーンはもとより、エンタメ界にもその名を轟かす、KOHARU SUGAWARAである。彼女と三浦大知の歌声が、切なさ、苦しさ、喜びを全身で奏で、まさに「君の鼓動に寄り添う」ワンシーンが涙を誘った。 続く『IT’S THE RIGHT TIME』でも、世界トップレベルのダンスチーム、s**t kingzそしてShingo Okamotoが主人公の張り裂けそうな想いをそれぞれのソロムーブで表現。詩とメロディにダンスが加わることで、こんなにも豊かに心情表現が出来ることが証明され、ダンスの持つ可能性も感じさせてくれた。 その後もポールダンスや海外トップダンサーによるコント(!?)を含んだ、贅沢なダンスショーケースなどで、会場は終始熱狂の渦! この「LIVE」も終盤を迎え、三浦大知とダンサーたちの踊りもどんどんキレが増していく。 そしてラスト数曲を残し三浦大知が想いを伝える。「ダンスジャンルとかそういうもの全部関係なく、今日ここにいるみんなで繋がった縁を大切にして、みんなでつくったこのパワーがもっともっと外にあふれていってほしい」と。 そしてラストを迎え、新曲『Unlock』が披露された。もちろんダンサーは彼が最も信頼を置くs**t kingzとKOHARU SUGAWARA。間違いなく、今この日本で最高峰といえるエンターテインメント・ライブが実現した瞬間だ。もう、この圧巻のステージに、会場からはただただ感動による歓声が響いていた。 入れ替わり立ち替わりステージ上を駆け巡る70人のプロダンサーと、彼らをリスペクトし、彼らといかにすばらしいステージがつくれるかを考えて、歌い、踊る三浦大知。まさにダンサー、観客への愛があふれるステージであった。 ※三浦大知楽曲はドワンゴジェイピーで!【クリック】