たこやきレインボー ファンが発電した電気でライブ決行
関西を中心に活躍するももいろクローバーZの妹分”たこやきレインボー”(堀くるみ(紫)/彩木咲良(桃)/清井咲希(黄)/根岸可蓮(緑)/春名真依(青))がライブに必要な電気をファンが発電するというユニークなイベントを京都で開催した。 ”エコ”をコンセプトにWebマガジンなどを展開するソトコトとヴィレッジヴァンガードがコラボしたこのイベント。 たこやきレインボーのライブを実現するための電力、1200whをファンが作る電気で賄おうという企画。 17時からのライブに向けて、京都・新風館Re-Cue Hallには降りしきる雨にも関わらず多くのファンが詰めかけ、12時の時報とともに発電作業がスタート。ファンが発電自転車に跨り、せっせと漕いで電気を貯める。 1回(1分)作業をすると、メンバーの顔入りの”発電証明書”が授与されるとあって、推しメンはもちろん、5人全員の証明書をコンプリートしようと、何度も”発電作業”に汗を流した。地道な作業が続く中、突然代わる代わるメンバーが現れ、ファンを応援。本人からの励ましにペダルを漕ぐ速度も増し、彼女たちに拳を上げながらアピールするファンも現れた。 5時間掛けて発電された電気は、ライブ2曲~3曲分となり、17時定時にトーク&ミニライブが開始された。 ソトコト編集長 指出一正氏進行による、楽しく”でんき”を学ぶトークショーはクイズ形式で行われ、たこやきレインボーの5人も真剣に聞き入り、時には積極的に手を挙げ発言していた。ついにファンの作った電気を使用してのライブの時間。 「たこやきレインボー、ソトコト的でんきライブスタート!!」のメンバーの掛け声で『絶唱!なにわで生まれた少女たち』で初っ端からテンションマックスで絶叫のたこ虹家族たち(ファン)。すかさずヒャダイン作曲の『なにわのはにわ』で捲し立て、勢いで3曲目に突入しようとしたところで「電気が足りない」事態に。「おれらが漕ぐからやろ!」のファンからの熱い要望を受け、急遽発電自転車で電気を作りながら、1曲歌うことに。 観客ほぼ全員手を挙げ自転車漕ぎを志願する中、メンバーが10名を選び、なんと歌っている間、まさに”自転車操業”の発電作業。その甲斐あって、3曲目の『踊れ!青春カルナバル』をみごと歌いきり、メンバーは「やったー!歌えたあ!」大はしゃぎ。発電してくれた精鋭10名とハイタッチで健闘を讃え、感動的な雰囲気に。 春名真依は「今日はみんなでドラゴンボール7個揃えたくらいのエネルギー集まったんちゃうかなあと思いました。」とファンのひたむきさに感銘したようだった。 ここで終わりかと思いきや、「3曲では悪いので…」ともう1曲志願したが、もう電気が足りないとのスタッフからの回答に「アカペラでやります!」と宣言。観客も一緒になり『オーバー・ザ・たこやきレインボー』を合唱し、ファンとアイドルが力を合わせともに作り上げたライブを締めくくった。最後に堀くるみが「今日は皆さんと一緒にライブを作れてほんとうに嬉しかったです。忘れられない一日になりました。これからもたこやきレインボーは少しでも皆さんにエネルギーやパワーをあげられるように頑張ります!」と感謝を述べた。