「美しいバランスの曲」深田恭子がMISIA新曲を絶賛
先日リリースされた最新シングル『白い季節/桜ひとひら』のセールスも好調なMISIAから新たなニュースが届いた。 新曲『白い季節』が挿入歌として使用されているテレビ朝日系 金曜ナイトドラマ「セカンド・ラブ」にヒロインとして出演中の深田恭子からMISIAの楽曲に対するコメントが到着したのだ。 「セカンド・ラブ」は恋愛ドラマの名手、大石静が脚本を手掛ける”大人がはまるラブストーリー”として、昼メロよりももっと危険でスキャンダラスな<夜メロ>が金曜の夜をかつてない激しさと切なさで彩るドラマとなっている。KAT-TUNの亀梨和也、深田恭子が出演するこの冬話題のドラマである。 ■深田恭子コメント(挿入歌『白い季節』について)「慶くんが結唯にメモを渡すという運命的な出会いのシーンをはじめ、MISIAさんの『白い季節』は毎回、2人の“不意に訪れた、今までの人生にはなかった時間”を盛り上げてくださっています。この曲は私を結唯の気持ちにグッと引き込んでくれるので、撮影の合間やセリフを覚えている時にもよく聴いています。実は私、最初はただただ心地いいメロディーに酔いしれて「すごくいい曲だな!」と思っていたんです。でも、歌詞に注意して聴いてみると、結唯の寂しい姿が想像できちゃう、とても切ない詞なんですよね。だけど、ただ寂しいだけじゃなく、同時に強さも感じる! MISIAさんの歌声が力強いからこそ生まれた、美しいバランスの曲だと思います。」 ・MISIA超美メロは必聴です!