AKB48劇場来場者数100万人突破!次期総監督横山が感謝の言葉
2月25日(水)AKB48劇場の来場者数が100万人を突破した。 本日の公演は次期総監督横山由依率いるチームK。100万人突破の記念セレモニーが催され、次期総監督横山由依から感謝の言葉が述べられた。 2005年12月8日からAKB48劇場がスタートし、250席の客席が埋まらない日々もありましたが(オープン初日は観客7名)、本日・2015年2月25日、9年2か月の歳月を経て、劇場来場者数が100万人を突破した!入場前から本日の公演チームKキャプテン横山由依がロビーで待ち構え、戸賀崎氏(初代AKB48劇場支配人)と湯浅氏(現・AKB48劇場支配人)とともに、100万人目のお客様をサプライズ発表し、横断幕と色とりどりの特効テープでお祝い、劇場へとお迎えした。 記念すべき100万人目のお客さまは、大阪府からいらした19才の大学生。かわいらしい女性で、なんと初めて劇場に来た、という本当にラッキーな運の持ち主。驚きとうれしさで小刻みに震えながらも満面の笑みで、横山から記念品としてAKB48劇場生涯フリーパスチケットを受け取りった。そして劇中のMCでは、くす玉での改めてのお祝いと、前後賞として99万9999人目と100万1人目の方に、ご希望のAKB48劇場公演を1回無料で観賞できる招待券の進呈が発表された。 ●100万人目のお客様コメント 最初言われた時はびっくりしてよくわかりませんでした。(劇場に)今日初めて来て、ちょっとわくわくしてたくらいで。 大阪に住んでるので、これから東京に来るときは毎回来たいと思います。今日横山さんを見るのを一番楽しみにしていたので、横山さんに「関西弁やけど、どこの出身なん?」と聞かれてすごい嬉しかったです。横山さんがかわいすぎてドキドキしました。AKB48の曲では「ポニーテールとシュシュ」が好きで、よく聞いて元気出したりしてました。 ●横山由依コメント(公演中コメント抜粋) 100万人を達成できたのも本当に長くから応援してくださって、足を運んでくださった皆さんがいてくれたからだと思います。これから先、200万人、300万人と達成できるように、私たちも力を合わせて頑張りたいと思いますので、みなさんこれからも応援をよろしくお願いいたします。 (C)AKS 【AKBグループその他の記事はクリック】AKB48楽曲ラインナップは【クリック】