ワン・ダイレクション 20万人動員の特大ジャパンツアースタート
2011年のデビューからとどまることなく世界中を熱狂させ続けている今世紀最大のグループ=ワン・ダイレクション。 全世界トータルセールス5000万枚、日本でも累計170万枚を突破し、2011年のデビューからイギリス・アメリカ・日本を始め世界中で一大センセーションを拡大し続けている今世紀最大のグループ=ワン・ダイレクション。 日本においても、NTTドコモ「U25応援計画」TVCMで話題の彼らが昨年11月に発表した通算4作目の最新アルバム『フォー』が、アメリカやイギリス、日本でも自身初となるオリコン週間CDアルバムランキング総合1位(12/1付)を獲得したのを始め、26カ国の週間チャートで1位を記録。早くも全世界セールス400万枚を超える大ヒットを続ける中、今週より来日。昨日24日(火)に京セラドーム大阪公演から全6公演20万人動員予定のジャパ・ンツアーをスタート。来場した4万人の観客を熱狂の渦に包みこんだ。 2時間近くも前から来場し、お手製の法被や今回の会場で発売されていた新しいツアーTシャツ等、思い思いの姿でワン・ダイレクションとの再会に気分を高めていた熱狂的ファンは、ステージ上に牙城のごとく設置された巨大なLEDスクリーンに公演の始まりを告げる映像が流された時点で既に興奮状態。 実際にメンバーが登場すると、場内は耳鳴りがする程の巨大な黄色い歓声に包まれた。すっかりギターをプレイする姿が様になっているナイル、シンプルなロゴ入りTシャツでも大人の雰囲気を醸し出していたルイ、気さくな雰囲気のネルシャツをさらりと着こなし、お兄さん的好感度が抜群にアップしていたリアム、刈り上げにトップのヘアをきゅっと結いあげた印象的なヘアスタイルが魅力的だったゼイン、そして大きな赤い薔薇の刺繍がほどこされた黒のシースルーのシャツをさらりと着こなしていたハリー。  これまで以上に魅力が増したそれぞれのメンバーには“圧巻”という言葉がふさわしかった。最新アルバムからの『クラウズ』、前述のTVCM曲でもお馴染みの『スティール・マイ・ガール』でスタートから観客のテンションを一気に上げたところで、日本語の達者なナイルとハリーらが次々と「オオサカ、ダイスキ!」「オオキニ―!」「ガンバリマース」のキラ―・ワードを連発、場内のテンションは早くもマックスに。 一方ゼインは「僕はいずれにしても言ってることがよく解らないってよく言われるから別にいいんだけど、シンプルに言うね、こんな素晴らしい場に立たせてくれてありがとう。みんなのサポートのおかげだよ。本当にありがとう」と照れながらも心からの感謝の気持ちをファンにも伝え、「日本語を習わなきゃ!」と花道の近くにいたファンに駆け寄り耳を寄せて日本語を教えてもらったリアムは、「オオサカダイスキ!」「テヲタタイテ(手を叩いて)!」と嬉しそうにファンに呼びかけるなど、それぞれがそれぞれのスタイルで一生懸命に日本のファンへの感謝の気持ちを伝えていた。 パフォーマンス曲は主に最新作『フォー』と前作の『ミッドナイト・メモリーズ』収録曲を中心に構成されていたが、メンバー本人がライブで歌うことを意識してつくったように、どの曲もスタジアム映えのする曲ばかり。 壮大な光と映像による演出の中、メインステージと花道でつながれたセンターステージを縦横無尽に駆け回り、時には座って話しかけるように歌い、スタンドの最上部まで手を振り、ピースや投げキッスを送り続けた5人。終始観客を惹きつけ、大合唱と熱狂の連続となった。 「この4年間本当にありがとう、こんな大きな会場を満杯にしてくれて本当に感謝しているよ。明日またここに来れるのがとても楽しみだし、そしてまたこの国でみんなに会えるのを楽しみにしているよ。みんな気を付けて家に帰ってね。」と、まるで友達に語りかけるような愛情に満ちたナイルの言葉を最後に、約1時間45分の至福の時間はあっという間に終了した。