乃木坂46 真冬の西武ドームで7時間越えライブ!3万8千人熱狂
2月22日、乃木坂46がデビュー3周年を記念した「3rd Year Birthday Live」を行った。 乃木坂46の「Birthday Live」はデビュー1年目から毎年恒例のライブとなっており、3年目の今年は西武ドームで過去最多の38000人のファンが集まった。 会場中央に設置されたステージ頭上の大画面に、メンバー1人1人の紹介VTRが流れると、メンバーの登場を待ちわびる超満員の客席から大歓声が溢れた。ライブのスタートを告げる『Overture』に合わせメンバー達が勢いよくステージに登場すると、デビューシングルの『ぐるぐるカーテン』から、3年の軌跡をたどるライブが始まった。 カップリングも含め過去曲全てを披露することでお馴染みの「Birthday Live」、3年目の今年は、『ぐるぐるカーテン』から10枚目のシングル『何度目の青空か?』まで、さらにはアルバム『透明な色』の収録曲も含め73曲、7時間半にものぼるライブとなった。 最初のMCで、キャプテンである桜井玲香が、「乃木坂46も3歳になりました。3年目にして西武ドームという大きなステージでライブを行うことができて嬉しい!」とコメント。さらに西野七瀬が「これから寒くなってきても、その寒さに反比例するくらい熱くなって行きましょう!」と観客の熱気を煽った。 3rdシングル『走れ!Bicycle』では、ドームのフロアをメンバーが自転車をこぎながら歌唱するなど長時間のライブでも常に観客を驚かせる演出が随所に見られ、またデビュー3周年を祝うにふさわしく、サプライズ企画も多数用意された。 1年ぶりとなった白石麻衣と高山一実のユニット「WHITE HIGH」が『渋谷ブルース』を披露し、生田絵梨花と松村沙友理のユニット「からあげ姉妹」も登場。生バンド演奏にチャレンジした「乃木團」が、“氣志團万博2014”以来となる登場を果たし『One Night Carnival』を演奏するなど、会場を沸かせた。 さらにはスペシャルファッションショーを開催。現在雑誌Rayの専属モデルとして活躍する白石麻衣に加え、先日発表され話題となった各人気ファッション誌の専属モデルとして西野七瀬(non-no専属)、橋本奈々未・松村沙友理(CanCam専属)、齋藤飛鳥(CUTiE専属)の5名が登場。ステージの花道をランウェイに見立て華麗なウォーキングを披露した。 また、最後には「専属ファッション誌募集中」の川後陽菜も壇上に上がり、会場の笑いをとりつつ、モデル活動へのアピールを行った。 曲間VTRでは、アンダーライブ3rdシーズンが4月14日~19日に六本木ブルーシアターにて全8公演行われることが発表され、ファンからは大歓声があがった。 ライブ終盤、センターステージに張られた幕が降りると、突如大きなバースデーケーキのセットが登場。セット上に並ぶメンバーの中には、本日初めてステージに姿を見せる松井玲奈が。ファン達が大きな声援で松井玲奈を受け入れる中、「ようやく乃木坂46全員が揃ったので、3歳のお誕生日を祝おう」というキャプテン桜井の言葉に続き、会場一体となって『Happy Birthday To You』合唱した。合唱の最後にはまたしてもキャプテンからサプライズ発表が。 社団法人日本記念日協会から、2月22日が「乃木坂46の日」に認定されたことが告げられた。そして“こじ坂46”の楽曲である『傾斜する』が始まると、せり上がったセンターステージから、なんとAKB48の小嶋陽菜がサプライズで登場。このサプライズに会場は驚きの声であふれた。 本編ラストを飾ったのは、10枚目のシングル『何度めの青空か?』。最後のサビ部分では、メンバーにはシークレットでファンに配られていた青色のジェット風船が一斉に放たれ、メンバーを祝福した。 アンコールでは、更に3つの重大発表が。1つ目は、5月に公開予定となる乃木坂46初のドキュメンタリー映画「Documentary Of 乃木坂46」の特報映像が急きょライブ会場限定で流されることとなった。 2つ目は、春に予定されていた毎年恒例の舞台「16人のプリンシパル」が秋への延期。そして、その代わりに乃木坂46が出演する新舞台の制作決定が発表された。 そして3つ目。研究生メンバー6名の正規メンバー昇格と乃木坂46新規プロジェクトに向けての新メンバーの募集開始だ。今回正規メンバーに昇格した寺田蘭世は、「他の2期生が上がっていく中、正直認められていないのではないかと不安だった。今回の発表は本当に嬉しいと」涙ながらにコメントした。 アンコールもラストに差し掛かり、ここで、3月18日にリリースされる11thシングル『命は美しい』を初歌唱。今回センターに復帰した西野七瀬は「今回の楽曲はダンスが激しい。これからもライブではハンドマイクではなくヘッドセットをつかい本気で踊ります」と楽曲についてのコメントを述べた。 7時間半という長時間のライブを完遂し、全ての曲を歌い終えるとメンバーたちの表情は達成感で輝いていた。「みなさん無事完走しきりました!また来年もバースデーライブをやりたいです!」キャプテンのこの一言で締めくくられたBirthday Live。そして4年目に向けて最高のスタートを切った乃木坂46のこれからの活躍にますます期待したい。 【セットリスト】M1.ぐるぐるカーテン/M2.会いたかったかもしれない/M3.左胸の勇気/M4.白い雲にのって/M5.乃木坂の詩/M6.失いたくないから/M7.おいでシャンプー/M8.ハウス!/M9.心の薬/M10.狼に口笛を/M11.水玉模様/M12.偶然を言い訳にして/M13.走れ!Bicycle/M14.人はなぜ走るのか?/M15.海流の島よ/M16.涙がまだ悲しみだった頃/M17.せっかちなかたつむり/M18.音が出ないギター/M19.制服のマネキン/M20.指望遠鏡/M21.やさしさなら間に合ってる/M22.ここじゃないどこか/M23.春のメロディー/M24.渋谷ブルース/M25.君の名は希望/M26.ロマンティックいか焼き/M27.シャキイズム/M28.サイコキネシスの可能性/M29.でこぴん/M30.13日の金曜日/M31.ガールズルール/M32.人間という楽器/ M33.コウモリよ/M34.世界で一番 孤独なLover/M35.扇風機 /M36.他の星から/M37.バレッタ/M38.私のために 誰かのために/M39.やさしさとは/M40.初恋の人を今でも/M41.月の大きさ/M42.そんなバカな…/M43.気づいたら片想い/M44.吐息のメソッド/M45.生まれたままで/M46.孤独兄弟/M47.ダンケシェーン/M48.ロマンスのスタート/M49.夏のFree&Easy / M50.何もできずにそばにいる/M51.ここにいる理由/M52.その先の出口/M53.無口なライオン/M54.僕が行かなきゃ誰が行くんだ?/M55.あなたのために弾きたい/M56.自由の彼方/M57.僕がいる場所/M58.なぞの落書き/M59.誰かは味方/M60.革命の馬/M61.傾斜する/ M62.ひとりよがり/M63.転がった鐘を鳴らせ!/M64.Tender Days/M65.遠回りの愛情/M66.私、起きる。/M67.あの日 僕は咄嗟に嘘をついた/M68.何度目の青空か?/EN1.ハウス!/EN2.会いたかったかもしれない/EN3.13日の金曜日/EN4.命は美しい/EN5.乃木坂の歌 【乃木坂46その他の写真記事はクリック】☆【乃木坂ファンクリック!】ここだけオリジナルボイス!楽曲も!