NMB48山田菜々「卒業」「後輩」への思いを語る
山本彩を補佐する副キャプテン的存在として、そして場を和ませるムードメイカーとして 活躍してきた山田菜々。そんな彼女が約4年半の活動に終止符を打とうとしている。 ―先日の大阪城ホールでのコンサートでは、卒業を意識した演出がありました。 山田オープニングに思い出映像を流していただきました。それから1曲目が始まるんですが、『少女A』を私ひとりで歌わせていただきました。じつは、オーディションで歌った曲なんです。昔の曲のほうが好きなんですよね。さやねぇ(山本彩)とのデュエット曲『友達』は3回めの披露でした。1月のリクエストアワーではファン投票で2位にしていただいた曲です。さやねぇとの友情が描かれているバラードなので、泣いたらあかんと思いながら歌いました。すれ違う瞬間があるんですけど、初めてのときは、さやねぇは「泣くなよ」と言ってました(笑)。毎回、歌い終わっての歓声がすごかったから、ウルッときます。 ―1st公演での思い出の曲『小池』を、1期生で披露しましたね。 山田やっぱり同期で歌うのっていいなと思いました。ステージをいつもと違うふうに使ったのに、リハーサルから完璧でした。やっぱり同期ですね。あと、『タンポポの決心』では、卒業が決まっている同じチームMの村上文香ちゃんがピアノで伴奏してくれて、私が歌うという演出がありました。ちょっと音程ずれちゃいましたけど(笑)。あの曲はチームMのメンバーが私と村上を迎え入れる流れだったんですけど、リハからまおきゅん(三田麻央)が大泣きしてて。みんなでイジってたんですけど、本番はほとんどみんな泣いてました(笑)。本当は違う曲を歌うはずだったけど、「Mのみんなで歌いたいから変えてください」と私からお願いしました。 ―卒業まで残りわずかです。 山田後輩に伝えるべきことを伝えて、自分の役割を果たしてから旅立ちたいですね。タレントさんになるために、一か八か勝負や!写真/細居幸次郎 そして…山田菜々から他のメンバーへのメッセージ、山田菜々伝説、その他の撮り下ろし写真は、「FLASHスペシャル グラビアBEST2015年早春号」に掲載!FLASHスペシャル グラビアBEST 早春号 (FLASH増刊)※【乃木坂46その他の写真記事はクリック】☆【乃木坂ファンクリック!】ここだけオリジナルボイス!楽曲も!