「太田貴子のドキドキ倶楽部」ゲストはアニソンシンガーうちやえゆか
ニコニコ生放送「tatsumi01」内チャンネルで毎月第三木曜日の21時より放送中「太田貴子のドキドキ倶楽部」。 メインパーソナリティを、「クリィミーマミ」の声優と主題歌を担当していた太田貴子とギタリストで音楽プロデューサーの宮路一昭が担当、アシスタントに斎藤崇広が参加。2月19日(木)に放送された第4回目のゲストとして登場したのが、「ふたりはプリキュア Splash Star」の主題歌『まかせて★スプラッシュ☆スター★』でお馴染み、歌手のうちやえゆか。 「貴子の、教えて、あ・げ・る!!」のコーナー、2月14日バレンタインデーに太田貴子が行ったライブの感想をトーク。この日、太田がほぼ全員のお客さんをステージに上げ、「私の魅力を言いなさい」などトークでいじっていたことを報告。その言葉を受け、「いじられたい」と次々コメントが届いていた。 「「クリィミーマミ」のときの水島裕さんの思い出を教えてください」の質問に対し、「よくしゃべるし、よく食べるし」とベタな感想が…。そこが、貴子らしさ。他にも、「島津冴子さんはとても個性的で独特な方、井上和彦さんはおちゃめな方」と、その当時を振り返りながらの印象を述べてくれましたが、意外と内容が薄い…というか記憶が。。。でも、そこが貴子クオリティー。 貴子は、NHK「レッツゴーヤング」にサンデーズのメンバーとしても出演。「よく振りを間違えるので、間違えたら映さないでとカメラマンさんに言ってました」と語っていましたが、間違ってからカメラをずらしても…そこにも、貴子クオリティーを感じてしまう。 この日は、視聴者も昔の懐かしい話に次々絡んでいた。中には、「昔、テレビで放送になった太田のライブをカナダのカルガリーで観てました」というコメントを書き込んでくれた方までいた。 仲の良かった歌手は「荒井由美子さんや成清加奈子さん」と、昔のことを懐かしがりながら語ってくれた貴子、そこへ、次々書き込みで突っ込んでいくリスナー。「岩井小百合は??」のコメントに対して、「あっ、岩井小百合ちゃんとも、当時よくしゃべってました」と答えたりなど、そのコミュニケーションを楽しんでいくのが、この番組の魅力だ。 「お酒呑んで見てます」のコメントに、「いいなー、私も呑みたい」と絡んでゆく様も貴子らしさ?!。「お酒呑みながらお仕事できるなんて、今は夢のよう」という大人な発言も。次々届くコメントへ気軽に会話を交わしていくのも、貴子らしい優しさだ。 ゲストコーナーには、歌手のうちやえゆかが登場。宮路一昭は1983年デビューの芸歴32年。でも、太田貴子とうちやえは、それ以上のキャリアの持ち主。うちやえは、10歳の頃に児童劇団に入って役者を目指していた方。でも13歳から歌が大好きになり、そこから歌手を目指し始めたそうだ。 ファミコン名人の高橋名人の妹として歌手デビュー。うちやえゆかは、アート引っ越しセンターの歌声も担当している方だったのは、嬉しい衝撃でだった。 太田貴子のデビューは、15歳の中学3年生。きっかけは、「スター誕生」に出演し、スカウトされたことから。「30年前の頃の声が今でも出る」のは驚異的なこと。そこに、うちやえゆかは驚きを覚えていた。 太田貴子とうちやえゆかの共通点の話に対し、うちやえゆかが「女性ってこと?」とマジボケ。2人とも「魔法少女系」のアニメ絡みという共通点を持っている。むしろ、「トークが天然」という共通項のほうがわかりやすいかも。 この日も、片方の投げた会話のボールを、もう片方があらぬ方向へ打ち返す会話がズーッと続いていた。そんなツッコミどころ満載な会話だったこともあるのか、この日は何時も以上にたくさんのコメントが寄せられていた。 うちやえゆかは、仕事でアイドルの仮歌を担当することもあるそう。その話から、太田貴子が「クリィミーマミ」の曲を歌ったときは、どなたかが鼻唄で歌ったのを真似て歌ってた」と、当時のことを思い出して語ってくれた。あの頃から太田貴子は2-3回で歌いきっていたほど、歌のセンスは昔から長けていたようです。この日は、太田貴子やうちやえゆかの「天然トーク」が炸裂。何時も以上に突っ込みのコメントが多かった理由も納得だ。 次回の放送は、3月19日(木)の20時から1時間半と時間枠を拡大して放送。ゲストには、占い師として有名、ハッピーマイスターのクリスティーン デリコ先生が登場。 ―今回の放送では、女性陣お二人のトークが炸裂。何時も以上に数多くのコメントが寄せられていました。 斎藤すごかったですね!! 宮路天然2人の揃い踏みでしたからね。 太田 でも、放送はアッと言う間でした。 うちやえ本当にアッと言う間でした。いやーホントにお会い出来るのが楽しみで、番組に出させていただくことですごく緊張してたんですけど。太田さんが楽屋にいるときから笑い声を上げてくださっていたから、私もかなりリラックスしちゃいました。おかげで、そうとう番組を楽しませていただきました。 太田 いやー、楽しくってしゃべり尽くしちゃったね。「本番まで取っておこうね」と言いながら、ズーッとしゃべってたもんね。 うちやえ だいぶ楽屋でもしゃべってました(笑)。 ―素面なのに、お酒を呑んでるようなテンション高いトークなのもすごいなぁと関心しました。 太田 アハハハハッ!! 宮路 ゆかさんは前々からの繋がりで何時かはと思っていたこともあって、「プリキュア」シリーズも捉え方によっては「魔法少女??」「魔法少女繋がり」というのも面白いかもと思い、今回は企画したんですけど。 斎藤 むしろ、「天然」繋がりな方々。なので今日の天然トークに関しては、突っ込むのもヤボかなと思っていましたからね。 宮路 今日の番組に関しては、男性陣2人は見守りながらの放送でしたね。来月は放送が20時スタートの90分になります。今度は本当にお酒を呑みながらやろうかなと思っています。ゆかさんも、また何時かゲストで来ていただけるかも知れませんから、楽しみに待っててください。(PHOTO:河内香奈子/TEXT:長澤智典)