cali≠gari 新アルバムジャケットに所属レーベルマスコット「コロちゃん」起用
cali≠gariが3月11日に発売する、ニューアルバム『12』の衝撃のジャケットが公開された。 日本コロムビアのマスコットキャラクター「コロちゃん」をジャケットに起用。cali≠gariのアートワークを手がける、メンバーの桜井青のコロちゃんに対する愛情が爆発した作品となった。コロちゃんをいかに可愛く、そしてカッコ良く見せることが出来るかをテーマとして撮影された作品はインパクト絶大だ。 そして同時に、アルバム収録曲のタイトルも発表された。今作も期待通りの非常にcali≠gariらしいタイトルが並んでいる。すでにアナウンス済みではあるが、今作のドラマーは、上領亘(NeoBallad)、Tetsu (D’ERLANGER)、SATOち (MUCC)、中西祐二が参加しており、各ドラマーが数曲ずつプレイしている。彼等のドラムが加わることで、これまでとはまた表情の違うサウンドとなり、進化したcali≠gariが楽しめる。