Jin-Machine グラドルの聖地秋葉原でグラビアデビュー?
先日2月11日に2ndフルアルバムをリリースしたJin-Machineが、グラビアアイドルの聖地“秋葉原”の、「アキバソフマップ1号店」でスペシャルインストアイベントを行った。 「じんましーんアキバ進出化計画ver.2スペシャルインストアイベント」と称された今回のイベントでは、トークもそこそこに、握手会・サイン会・2ショット撮影会・ボイス録音・動画撮影など盛りだくさんの内容で行われ、訪れた大勢のファンを喜ばせた。 中でもとりわけ注目を集めたのは、ソフマップアミューズメント館よろしく、MC:featuring16のまさかの「グラビア撮影会」。 どこかで見覚えのある虎柄の水着に身を包んで、30秒間フリー撮影タイムを設けての撮影会を実施。ほかにもメンバー全員でオタク風ファッションを披露するなど、秋葉原ソフマップという場所柄を存分に生かしたイベントとなった。 今回リリースした『種まき蔵』は松・竹・梅の3形態で同時リリースされ、各形態に書き下ろしの限定収録曲を含むほか、最新シングル『さよなら†黒歴史』をはじめドワンゴジェイピーにて配信されiOSデイリーチャート連続1位を獲得している『母に捧げる破羅亜怒』、『父に捧げる羅布甦泥』、『New Life』をアルバム収録に際して新たに再録音し収録。 その「種まき蔵」の中から、先月1月30日『宇宙忍者アメリカ』『たのしい日本語』『モンスターペアレンツ』をドワンゴジェイピーにて独占先行配信したが、iOSチャートの1、2、3位を独占し、Jin-Machineとしても通算6曲連続でiOSデイリーランキング1位を獲得している。 ・Jin-Machine聞くなら!【クリック】