TPD 妹分DASH!!と魅せたバレンタインライブ大盛況
東京パフォーマンスドール(以下、TPD)が2015年2月11日(水・祝)に、Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREにて自主ライブイベント「東京パフォーマンスドール ~ちょっと隣でバレンタイン2015~」を開催した。 この日は、TPDのホーム劇場「CBGKシブゲキ!!」の隣にあるMt.RAINIER HALLで初のライブ開催。チケットは1部2部ともにソールドアウトし、会場はファンの熱気で包まれていた。 オープニングアクトで登場した妹分のTPD DASH!!(平均年齢12.5歳・7名)は、フレッシュさ満点のパフォーマンスでで先代ナンバーの『Romanticに背伸びして』『カチンときちゃう』など5曲を披露。躍動感溢れるダンスと、かわいらしさ一杯の笑顔で、会場を盛り上げた。2015年より単独でライブ活動をスタートさせたばかりのDASH!!の今後の展開に注目したい。 そしてTPDは、真骨頂であるMCを挟まずに繰り広げる歌とダンスのノンストップパフォーマンス“ダンスサミット”で、シングル曲『BRAND NEW STORY』や『DREAM TRIGGER』を含む全18曲、約70分のステージを披露。メンバー内ユニット曲や全体曲などを織り交ぜ、更に曲に合わせた衣装の早着替えも数回、冒頭からラストまで一連のストーリー性があるエンターテインメントショーで魅せた。 さらに今ライブでは、先代曲の『心のルール』『純愛90’s』が初披露され、応年のファンも歓喜の声が上がった。 またバレンタインライブということで、ライブ終了後にファンへ感謝の気持ちを込めてメンバーからチョコが配られ、心温まるイベントとなった。 最後の挨拶ではリーダーの高嶋菜七(18)が「春のZeppツアーでは、もっともっと皆さんを楽しませれるように頑張ります」と力強くコメント。また3月8日(日)にCBGKシブゲキ!!で「ちょっと早目のホワイトデー2015 ~史上最大のPerfect Day~」と題した自主イベントも決定した。まだTPDのライブを見たことが無い方は、ぜひ彼女たちのワンマンを見て欲しい。 ☆東京パフォーマンスドールの曲ならドワンゴジェイピーで!☆