なぜHKT48が爆発的人気?指原が見る未来を解く
HKT48の勢いが止まらない。「マジすか学園4」では主演の一人にメンバーの宮脇咲良が抜擢された。全国ツアーは追加公演まで発表され各地で高い評価を得ている。 「HKT48は若いチームで初めはAKB48グループの中でも【正統派アイドル好き】なファンが多かった印象です。結成当初は中学生も多く、先輩グループとのパフォーマンスを始め【プロとしての意識】の差は大きくファンも心配をしていました。ターニングポイントは間違いなく指原莉乃の移籍になるのですが、それと同等に大きかったのが多田愛佳の移籍です。元々がAKB48でも次世代エースとして期待されていた多田愛佳だけにパフォーマンス能力も高く、HKT48に加入してからは率先して後輩の面倒を見るようになった。指原が仕事で博多にいられない時は、しっかりと多田がグループをまとめあげていた。指原莉乃というアイドル界一とも言われる頭脳と、しっかりとまとめる多田愛佳の存在があり、HKT48はまとまりが出来た上に、それぞれがノビノビと自分の個性を発揮でき人気が上がっているんです。(ライター/武田瑠羽)」 そんな中で、昨年は紅白歌合戦の出場も果たしたHKT48。指原が描く未来は? 「今年は、昨年のAKB総選挙で渡辺麻友が一位となったことで、指原が比較的自由となりHKT48に集中出来る年です。指原は大好きなハロプロを始めとした様々なアイドルのいいところをピックアップし、HKT48の運営に提案していて、ライブでも色々とAKB48グループになかった要素を取り入れている。その指原が狙うのは、絶対的エースとライバルの構図だと思います。モーニング娘。が安倍なつみという絶対的エースに対して後藤真希というライバルが出現したことで人気が加速、初期のAKB48も前田敦子と大島優子の時代でした。宮脇咲良という絶対的エースが育ちつつある中、宮脇に対するライバルを作り出すことが指原の使命だと感じます。それが、長らく苦楽を共にした兒玉遥なのか、HKT48初期よりセンターを務めてきた田島芽瑠なのか、または後藤真希のように彗星の如く突然現れるのか?その構図をしっかりと指原がバランスを取れば、HKT48が更に躍進することになると思います。(同上)」 2015年、HKT48の勢いはまだまだ止まらなそうだ。(C)AKS 【HKT48関連ニュースはクリック】※【クリックでゲット!】HKT48楽曲!