FLOWER FLOWER ミニアルバム『色』配信開始
昨年11月に初のパッケージ作品となった1stアルバム『実』をリリースしたFLOWER FLOWERの第2作目となるパッケージ作品、ミニアルバム『色』(しき=2月18日リリース)に先駆けて2月11日、配信が開始された。 ミニアルバムに収録されている『春』『夏』『秋』『冬』は、橋本愛主演で、すでに昨年公開となった「リトル・フォレスト 夏・秋」、そして2月14日に全国ロードショーとなる「リトル・フォレスト 冬・春」の4作品の主題歌としてそれぞれ書き下ろされた曲。 五十嵐大介による、原作となった漫画や、撮影途中の映像からインスパイアされ、メンバーでのセッションを重ね完成したというミニアルバム『色』(しき)は、映画同様に四季の織りなす風景や心情の色彩が表現された内容になっている。 それぞれの歌詞について、yui(Vo.Gt)は「主人公のいち子の気持ちを考えて、弱さと葛藤、そしてほんの少しの勇気を意識してみました。気持ちの微妙な変化を感じながらも、大きな意味でとれる言葉を選んでみたり。そして、全曲に“進み続けて行く”というきっぱりとした覚悟を込めています」と話す。 同作品は、96Khz/24bitでレコーディングからミックス、マスタリングまで行われたハイレゾの配信も2月11日にスタートした。 ☆FLOWER FLOWERここで買う!【クリック】☆