倖田來未の軌跡を凝縮したビッグバラードついに解禁
3月18日にニューアルバム『WALK OF MY LIFE』のリリースを発表した倖田來未。 オフィシャルサイトにはアルバムタイトルともなっている『WALK OF MY LIFE』の歌詞そして、楽曲の一部が試聴可能となっているが、遂に2月10日にオンエアとなるJ-WAVE「GROOVE LINE Z」にて解禁されることがわかった。 『WALK OF MY LIFE』、倖田來未のファンならばこのタイトルを見たときに思い出す楽曲がもう一つあるのではないだろうか。彼女のツアーで必ず最後に歌唱される楽曲『walk』だ。これまで数々の楽曲をリリースしてきた彼女だが、楽曲タイトルに“walk”というワードが入ることはこれまでなかった。「今まで辛かったり、傷付いたこともあったけど、それでも前を向いて歩いていく。歌い続けていく」というアーティストとしての力強い決意が込められた楽曲『walk』は、これまでの道のりが決して楽なものばかりではなかった倖田自身にとって、思い入れの深い楽曲であることに違いない。 そんな彼女が15周年イヤーを迎えた今、新曲として『WALK OF MY LIFE』を制作。この曲が放つ歌詞の力強さに心打たれる人はどれだけいるのだろうか。 「14年目の今、思うのは、歌詞にもある「人がどう思うかではなく、自分がどう生きたか」っていうこと。人生は一度きりだし、時間は戻ってこないのだから、自分が納得いく生き方をしたい。倖田來未として、力強い女性でいたいと思うし、音楽で勇気づけたいという気持ちがより強くなってる。『WALK OF MY LIFE』は『walk』を引き継ぐ曲として、10年後15年後の倖田來未をイメージして書いた曲。“walk“という単語を含め、自分の歩いてきた軌跡が凝縮した曲になっています。」―倖田來未 誰もが、思い悩んでいるとき、心が塞がれてしまう瞬間、人生の岐路にたつことがあるだろう。そんなときに、この曲があなたの背中をそっと押してくれる。『WALK OF MY LIFE』は確かに、聴いている人に勇気を与えてくれる楽曲に違いない。 ・倖田來未の過去楽曲を見るならクリック