Berryz工房が聖地サンプラザで中野区から表彰
Berryz工房が先日発売したベストアルバム「完熟Berryz工房 The Final Completion Box」の購入者を対象としたイベントを8日(日)に中野サンプラザで行った。 今回のイベントは事前にファンから好きな曲を募った結果をベースにパフォーマンスが展開され、ライブで聴きたいソロ企画、ベストソング上位曲など計14曲を披露した。メンバーが小学生時代に歌っていたフレッシュで甘酸っぱい曲から、久しぶりに披露された隠れた名曲など、普段のツアーでは聴けない曲のイントロが流れる度に観客からは大きな反応が起こった。 Berryz工房にとって中野サンプラザは思い出深い会場で、2004年1月14日にデビューを発表した場所であり、ここからBerryz工房が誕生した。その後、現在に至るまで11年間に渡り、同会場でのライブも精力的に行い東京でのコンサートの拠点となった。 これを受け、この度中野区の発展に寄与した功労ということで、中野区から感謝状が贈られた。中野区広報スタッフが登壇し、「Berryz工房のみなさんが素晴らしいレジェンドを10年間つくって頂いたということで、このことに区民を代表して今日は感謝をしたいと思います。Berryz工房のみなさんが次のステージもっともっと大きく活躍してくれることを私たち中野区民は心から望んでいます。」という説明があり、中野区長の田中大輔氏から表彰状が贈られた。 「あなたがたは音楽・芸能活動を通して文化の向上に寄与されるとともに中野サンプラザを聖地として複数のコンサートを開催したことにより、中野区のPRに貢献しました。よってその功績をたたえ、深く感謝の意を表します。」 キャプテン清水佐紀(23)からは、「本当にこんな素敵な感謝状を頂きましてありがとうございます。わたしたちBerryz工房は約11年前にここ中野サンプラザで誕生しまして、3月3日の活動停止を発表したのも中野サンプラザのステージでした。みなさんのお陰でこの感謝状を頂けたと言っても過言ではないと思っています。みなさん、そして中野区のみなさん、本当にありがとうごいざいました。」とコメントをした。 中野区が芸能を通して感謝状を贈るのは、ここ10年間で、2人目。本公演が実質中野サンプラザ最後の公演になるBerryz工房・徳永 千奈美は、『中野サンプラザにはたくさんの思い出があります。今日が最後かと思うと悲しくなります。』と。また、嗣永桃子は、終了後、『Berryz工房として(中野サンプラザは)聖地でした。11年本当にお世話になりました。思い出として、大先輩の中澤裕子さんに(ここで)怒られたのも、今となっては良き思い出です(笑)』と11年間の思い出を語った。 ・Berryz工房ファン必見!ハロプロ情報ゲットならフォローを!→@dwangojpnewsFollow @dwangojpnews!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0];if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src="//platform.twitter.com/widgets.js";fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document,"script","twitter-wjs");