松任谷由実 冬恒例35回目の苗場公演がスタート
2月6日(金)、新潟・苗場プリンスホテルにて、毎年、冬恒例のリゾートコンサート「SURF&SNOW in Naeba Vol.35」が今年もスタートした。 1980年12月1日に発売された10thアルバム『SURF&SNOW』がきっかけとなり、翌年の1981年より冬のリゾートコンサートとして「SURF&SNOW in Naeba」がスタート。そこから35回目の今年のステージは、一面銀世界の苗場から、突如、ピラミッドの中にタイムスリップしたような感覚になるステージセット。その中には巨大な石で積まれたYUMINGのアルファベット5文字が出現。 会場内にエスニックなBGMが流れる中、客電が消えるとミステリアスなケチュア語の女性の囁きが聴こえ、一転して会場は秘密地底都市のような空間に。 オープニングは古代遺跡にクレオパトラのようなゴールドの衣装をまとったユーミンが登場。『インカの花嫁』からスタートし『恋の一時間は孤独の千年』などを披露。途中、恒例の“苗場名物リクエストコーナー”をはさんだ後、35回目の開催を記念して“35”をキーワードとしたノンストップメドレーとして、35年前にリリースした10thアルバム『SURF&SNOW』収録の『サーフ天国、スキー天国』からはじまり、1989年、35歳の時にリリースしたアルバム『LOVE WARS』収録の『届かないセレナーデ』などを含め計7曲をメドレーで披露した。 今から30年前のVol5から演奏された、今や苗場で必ず聴きたい曲『BLIZZARD』、そしてアンコール含め全23曲を披露。 また、女性ソロアーティストで同じ会場でコンサートを行なうNo.1の記録を今年も更新。全8公演の動員数は8000人。今回の苗場公演含むこれまでの総動員数は30万7200人、公演数は全249公演。 ユーミンあらためて聴く!