MONKEY MAJIK結成15周年 明日日本武道館のステージへ
結成15周年を迎えた人気ロックバンドMONKEY MAJIKが、2月4日にニューアルバム『Colour by Number』をリリース。7日には初の日本武道館単独ライブ「MONKEY MAJIK Live at BUDOKAN ~15th Anniversary~」を開催する。 『Colour by Number』では、吉田兄弟とのコラボ曲『夏の情事』を始め、地域密着型野球団・三陸鉄道キットDreamsの応援ソング『Beautiful』などバラエティに富んだアルバムとなっている。メンバーのMaynardも「今までの中で一番【ニューMONKEY】を感じるアルバム」と話す意欲作となっている。 日本武道館ライブではゲストにSEAMO、VERBAL(m-flo)、吉田兄弟、タケカワユキヒデ、土屋アンナが参加。15周年の活動の中で何度も日本武道館ライブができるタイミングはあったMONKEY MAJIK。そんな彼らが、なぜ今年、日本武道館ライブを決意したのか? メンバーのBlaiseは「サプライズパーティみたいなイメージも強いよね。今までお世話になった周りの人たちに対する、大きいパーティを開きたいなって」と話している。豪華ゲストと共にどんな景色を見せてくれるのか? そんなMONKEY MAJIKが歩んできた15年間の活動秘話を、地元仙台で3時間にも渡り話し尽くしたインタビューをぜひチェックしてほしい。 【MONKY MAJIKその他の写真はクリック】☆MONKEY MAJIK楽曲はクリック!