テイラー・スウィフト 遂に全米10週1位獲得
2014年10月末にリリースにかかわらず、2014年最も全米で売れたテイラー・スウィフトのアルバム『1989』が2015年に入っても勢い止まらず、遂に全米通算10週1位獲得した。 この記録はテイラーにとって『フィアレス』(通算11週)に続く2作目の全米10週1位獲得作品になる。更に、全米ビルボード史上2作以上10週1位を獲得した女性アーティストは、あのホイットニー・ヒューストン(3作)とテイラーのみであり、2作以上全米で10週以上1位を獲得したアーティストはビルボード史上7アーティストのみ。 25歳という若さで歴史的な大物アーティストと名を連ねる程の記録を達成した。 今回の快挙にテイラーも「アルバム『1989』を10週も1位にしてくれてありがとう!」と喜びのツイート。 2/8(日本時間2/9)に行われる第57回グラミー賞では、「年間最優秀レコード」「年間最優秀楽曲」「最優秀ポップ・パフォーマンス(ソロ)」にノミネートされており、今後の活躍も大いに期待される。