「声優名鑑」掲載人数で見えてくる声優業界の爆発的拡大
アニメのアフレコや外国映画の吹き替えをはじめ、アーティスト活動、ゲームのキャラクターボイス、webラジオのパーソナリティなど、声優の活躍の場は拡大を続けている。 その事実を数字で物語るのが、声優専門月刊誌「声優グランプリ」(主婦の友インフォス情報社/発行)の名物付録「声優名鑑」の掲載人数だ。2月10日発売の3月号の付録「声優名鑑2015 女性編」の掲載人数は、なんと692名にとなっている。 同誌が「声優名鑑」を最初に付録にしたのは今から14年前 の2001年。女性の掲載人数は225名で、男性と合わせてもわずか370名だった。しかし、最新の「声優名鑑2015」では、女性692名・男性500名の計1192名(イイクニ)にも達し、飛躍的な増加を果たしている。 この推移について、同誌の広島順二編集長は「ここ数年の掲載人数の爆発的な増加は、ボイス付きのスマホゲーム人気が大きく影響しています。私が子供の頃は、キャラがしゃべるPCエンジンを持ってる友達がひたすらうらやましかったなあ」と分析している。 顔写真、代表作、誕生日、出身地、血液型、趣味・特技など、692名のプロフィールを一覧できる「声優名鑑2015」。アニメやゲーム好きには必携の1冊と言えそうだ。