話題のコミック「服なんて、どうでもいいと思ってた。」を木嶋ゆりがセクシーに応援
青木U平の最新コミックス、流行に無縁の男たちが女性ファッション誌という魔界へと異動したオシャレ苦行コメディ「服なんて、どうでもいいと思ってた。」(MFコミックス フラッパーシリーズ・KADOKAWA刊)。 コミックス第1巻が2月23日(月)に発売されるのを記念し、連載中の「月刊コミックフラッパー」の3月号(2月5日発売号)でモデルの木嶋ゆりがセクシーなグラビアで応援! また、全国の書店でも木嶋ゆりの挑発的な応援ポスターが見られる。 「不倫」と「愛人作り」をテーマにした異色ギャグマンガ「FRINGE-MAN(フリンジマン)」で話題となった青木U平氏。 今作は、「オシャレ」と「ダサさ」の異文化ギャップに目が釘づけとなるギャグ作品となっている。