DEEP「好きな人と一緒に見ると結ばれる」恋するMVとは
「好きな人と一緒に聞くと99.9%結ばれる」ファンの間ではもはや説明不要の、そんなジンクスを持つ4人組男性コーラス・ボーカルグループDEEP。 彼らの約3年ぶりとなる待望のオリジナルアルバム『Love Light』(2015年2月25日発売)の中から表題曲「Love Light」のミュージックビデオ(以下:MV)が公開された。 DEEPは、EXILEや三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEが所属するLDHのアーティストで、2006年にリーダーTAKAに加え、EXILEのTAKAHIROを輩出した「EXILE VOCAL BATTLE AUDITION 2006~ASIAN DREAM~」のファイナリストYUICHIRO、3次審査まで進んだKEISEIとRYOをメンバーに“COLOR”として初め、活動をスタート。 2009年夏、“深み”のある活動をテーマに “DEEP”と改名後も、メンバー全員がメインボーカルもコーラスも出来るという抜群の歌唱力を武器に、『milestone』(角川映画「ロストクライム-閃光-」主題歌)や、『SORA~この声が届くまで~』(TBS-MBS系全国ネット「いぬのおまわりさん」ドラマ主題歌)、『未来への扉』(「医龍 Team Medical Dragon3」主題歌)、『君じゃない誰かなんて~Tejina~』など大ヒット曲を続々と出して、いずれもオリコンランキングTOP10入りを果たしてきた人気グループ。 特に、恋愛系バラードを歌わせたら右に出るものはいないとの呼び声も高く、その甘い歌声や胸を締めつけるような歌詞は、「好きな人と一緒に聞くと99.9%結ばれる。」というジンクスの通り、多くのカップルを生んでいる。実際にファン同士で知り合い、一緒にライブを見に来て結婚まで至ったという報告を受けることも少なくないとか。 そんな彼らの、本日公開された『Love Light』MVは、寒い冬から暖かい春への季節の移り変わりを、男女の恋の始まりから、その恋が結ばれるまでの微妙な心の移り変わりに重ね合わせ、“Light”というキーワードで表現した、誰もが共感出来るであろうバラードソングとなっている。 また、昨年12月にリリースした『ラスト・グッバイ』に続き、プロデュースを『Lovers Again』(EXILE)や『Ti Amo』(EXILE)、『Best Friend’s Girl』(三代目 J Soul Brothers)、そして、ドラマ「1リットルの涙」の主題歌としても有名な『Only human』(K)、その他にも東方神起やJUJUなど数々の有名アーティストを手掛けるR&B界の巨匠、松尾 潔が担当。切なくも温かみのある前向きなラブ・ソングを是非、一度聴いて見て欲しい。